GeForce 9300-ITX その後

その後Shift++βSilverStone SST-PT09B-120W
そういうわけで、紆余曲折は多々あったものの、無事、常用してるところ

ケースはSilverStoneのファンレスACアダプタ付きのなんだけど
ジャックの接続部分を壊してしましまして、早速、picoPSU150を流用してしまいました

SSDも新たに買ったA-DATAのが、お亡くなりになり
スペアというか7000円を切ってるときに買ったトラインセンドのも壊れちゃいまして
EeePC1000HAから引っこ抜いてた2.5インチ160GのHDDを入れました
スリムドライブは、そのままで、光学ドライブとHDDというストレージ構成

リテールのCPUファンは、ちとうるさいというか
ファンの回転数制御などが出来ないみたいだったんで
交換を目論むも、ケースの都合上、ほぼ付けられず
メモリのヒートシンクに干渉したり、高さがアウトだったり
どちらかというと高さよりも面積かも知れない、と

ケースの中身
こんな感じの中身

手前に光学ドライブが収まっているわけです
ケース付属電源基盤は光学ドライブ下にありまして
ケーブルとかをごちゃごちゃ入れることが出来ます

光学ドライブの裏に2.5インチのドライブをねじ止めで固定できます
2.5インチサイズなら光学ドライブの上と中の下の空間に転がしておけます
SSDとかHDDも転がして動かしてました

CPUクーラーは12cmファンをスライドできるやつのシンクだけ
12cm固定ステーの向きから変えてやれば入らなくはないけど
マザーボードを固定した後(4ピン田コネとかを装着した後)ファンの換装って事になるんで、かなり面倒だったし、微妙にメモリのヒートシンクに干渉してる風だったので
ファンを取っ外してしまいました

暖房レスの厳冬期なら、実は、ファンレスで大丈夫じゃないかと
クロックダウン(1.125Vの約2Ghz駆動)前提ではありますが

実は恐ろしいのはCPUではなくチップセットの方かも

GPU内蔵なんでファンレスのヒートシンクのみですが、かなり高温になります
天板ガムテ付け12cm1000回転超静音ファンの図
で、結局、美しくはないけど、天板に低速超静音12cmファンを固定
スロットに付けられるファンコン制御しています
Max1000回転だと、低い音が聞こえます
回転数は不明ですが、ほぼ無音に近いくらいまで回転数を下げても平気そう

CoreTemp読みで34度~36度くらいで落ち着いています
ファンレスだと、普通に42度とかまでいってましたっけが
CrystalCPUIDで1.125Vのクロックダウン前提ではありますが

夏場は、もうちょい回転数の高いファンに換装してブン回すとかでしのげるかな、と

RAMディスクを5GB奮発しても、まだシステムメモリは2.5Gとかだし

なんだか起動がめちゃめちゃ遅くなったのはHDDとかだから?
SSDも、ちと恐ろしくはなってるんだけど
また手を出しそう

ただ、せめて、もう1ポート、出来ればSATAで欲しいかな
スリムドライブとSSDだと、データというか余裕がなさ過ぎるんで
HDDとかを入れておきたいわけで
そうすると無駄なスペース食いのスリムドライブを取り外すって事になるんだけど
ぽっかり口をあいてる無様なケースの見てくれが納得できないし
当面はスリムドライブ+HDD(ひょっとして又ぞろSSD)って事で
天板ガムテ付け12cmファンで運用って事で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。