GeForce9300-ITXその後の後のおまけ

GeForce9300-ITXその後の後のおまけShift++βGeForce9300-ITXに入れたのは、これ
玄人志向SATA2I2-PCIe
クロシコのSATA2I2-PCIeっていうカード
1台だけの接続だし、RAIDを組むつもりは当面なかったんで、インストール済のWindowsXPにドライバだけ入れて、スリムドライブを接続した

ドライバインストールの時だけHDDとSATAコネクタを取り替えて、というか、SATAポートは2つしかないので、SSDは固定で、HDDを取り外してスリムドライブを接続、ドライバインストール(っても例の新しいハードウェアうんたらっての)
シャットダウン
スリムドライブをSATA2I2-PCIeに接続
HDDをマザーのポートに接続
起動
BIOSで確認してもスリムドライブは認識せず
が、Windowsが起動すると、ちゃんと使えるようになってた
OSインストールの時のサードパーティのドライバなんちゃらっていうのをやれば、BIOSでも認識できるのかなぁ?とか

玄人志向ESATA+2.5SATA-PCI
こんなのも買ってしまった
同じくクロシコのESATA+2.5-PCIというキワモノなカード
要するに1ポートだけSATAを増やしたいだけなので、別にRAIDを組むとかではないので
こんなのでいいわけだ
が、フルサイズなのでmini-ITXには不向き、というか、やっぱり装着すら出来なかった
バラック状態でもスロットからはみ出ている部分が、たいていフロントパネルの端子にあたるし
用途としては丁度いいんだけどなぁ~
玄人志向SAPARAID-PCI
やっぱりクロシコのSAPARAID-PCI、IDE×2にSATA×2、どちらでもRAIDが組めるらしい
シリアルが不要だけど、SATA2ポートで一番安かったから、っていうだけ
あとはたいていRAIDとか4ポートとかでPCIスロット向けのカードの方が何故か高いし…
クロシコじゃなくてもあるらしいんだけど

これは出っ張りがないので装着可能
が、結局、止めてしまった

今度は上部の出っ張りが不具合かもしだし…

バラック組みのD945GCLF2は、結局、IDE→SATA変換基板経由でスリムドライブを接続している

要するにスタンドアロンで完結させようと思うから、こういう事になるって事
光学ドライブは素直にUSB接続でOSインストールの時だけって決めちゃえばいいって事なんだが
そもそもUSB接続のが起動が面倒というか
やっとコツを掴んだんだけど、電源を入れて動いているのを確かめてから、USBを繋ぐと、なんだか認識する
USBを繋いでから電源を入れても、なんだか認識しない
そんなんで、なんだかなぁ~と諦めちゃったのが間違いの元な訳だ

スリムドライブの外付けケースとかでもいいし、普通に外付けスリムドライブとかも売ってるし
USB接続キットはアキバじゃ¥980とかでも買えるし
って後の祭だった…

結局GeForce9300-ITXにPCIeのカードを使っているだけっていう体たらくな話でした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。