ひょっとするとひょっとするかもGIGABYTEのNetBook

ひょっとするとひょっとするかもGIGABYTEのNetBookShift++β


そういえばそうだ、GIGABYTEのノートって見たことがないかも

記事でもサブタイトルが「日本人が知らないうちに進化していたGIGABYTEのラインアップ」って事だったし

これ10.1型なんだけど、上位モデルは1366×768ドットらしい
ただし1.3kgなんだが…

その上位モデルにはポートリプリケーターというのが付いてて、外ではNetBook、家ではNetTopっていうのがコンセプトだそうだ

うーむ、悪くはない…

本体にはUSB 2.0×3、アナログRGB出力、4-in-1カードスロット、ExpressCardスロットが用意されるほか、無線接続としてBluetooth、IEEE 802.11b/g/n

ポートリプリケータにはアナログRGB出力、USB×3、有線LANが用意される

別にポートリプリケーター要らないぢゃんっ、と思ってしまったんだけど、画面の縦方向のドットが増えるというだけで、むむっ、となってしまった

ATOMのN270じゃなくて未だ見ぬN280に新チップセットでグラフィックもパワーアップしているらしい…なんでもGN40というやつだそうだ

こりゃ、デュアルなATOMに新チップってのも、ちょっと期待できるかもなぁ、とか関係のないことを考えてしまったり…

HPのATOM版が普通の解像度になってしまったので、発売になったら唯一の高解像度NetBookになるかも。
それって、それだけで、結構な売りになるような気がしなくもない

後は、バッテリー駆動時間と、お値段でしょうか

一応、日本での発売は未定だそうで…ちゃんちゃん↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。