CF-A6719を縦置きスリムタワーもどきに使ってみる

CF-A6719を縦置きスリムタワーもどきに使ってみるShift++βCF-A6719 in GeForce9300-ITX
例のごとく電源を取っ払って
スリムドライブベイ、2.5インチベイのパーツを取り付けずに
SSDとHDDは転がし状態で組んでおります

上の方(CPUファンの上)は電源の跡地でありまして
どうすることも出来ない(ケースに加工を施すしかない)空間になっちまいました

同じ事が下部にもいえるんですが
このケース、内部はきっちり幅7cm
2.5インチのディスクの幅も7cmって事で
上からUSBやらのケーブルで押さえ込みつつ
SATAケーブルがねじれて、軽く押さえ込み固定されてますな

上部の電源抜き取り後の、ぽっかり空いた窓みたいなのが
鈍くさいことは鈍くさいんですが
それより何よりCPUファンだけのエアフローでいけるだろうと思ってたら
蓋をすると(縦置きだと壁面になるけど横置きだと蓋)
まぁ熱がこもってファンフル回転の爆音になってしまいました

開けっ放しだと冷え冷えなんで
エアダクトを開けると丁度いいかもなぁと
ドリルなんてものを買ってみるべぇかと買ってたりしますが(¥2,980だったし)
穴だらけっていうのでもいいのかも知れないけど
下の方に4cmファンを1個取り付けられるだけ(デフォルトで装着されてた)
上の電源あと窓にファンを取り付けたとしても
どう考えても風の道は、そんなにうまい具合にカーブしてくれるはずもなく
素直に土手っ腹に風穴開けるのが一番だべなぁ、と
上手に12cm四方とかの穴を開けられれば静音12cmファンをガムテ固定なんてのもアリだろうし、と

むやみに上下に無駄な空間があるわけですが、上部に空気穴とかがあるわけでもないので
エアの滞留場所としてはいいのかも知れないと
CPUファンは基本、吹きつけのつもりでいるんで
土手っ腹風穴あけ作戦に向かう予定…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。