MINIX-780G-SP128の人気のなさについて

MINIX-780G-SP128の人気のなさについてShift++βどうしてだろう?と考えること5秒ほど…

まず最初に思ったことはSO-DIMMだから…

何だか知らないけど、正直、このノート用メモリのSO-DIMMというのに偏見を持っている
今は、そうでもないけど、ちょっと前までは何だかやたらと高くて手が出せなかった
同じ規格なのに240pinのDIMMの1.5倍くらいはしたんじゃないかと

なんだか、ちゃっちぃくせに…
EeePCあたりで急に需要が伸びて、まぁ、普通のDIMMもそうなんだけど、なぜかPC5300もPC6400も同じ値段だったりするし

780Gというチップセットが出回りすぎて当たり前になってしまったから?

やっぱりなぁと思ったのが、GeForce 9300は打倒780Gみたいな構図だったそうな
それでもやっぱりCPUベンダーとGPUベンダーが一緒というのには敵わない、というか、GPUベンダーが吸収された訳なんだけど、立派にGPUメーカーとして双璧をなしているし
方やIntelは盟友だったはず?なのに告訴とかしちゃうし…

パフォーマンスでも780Gは、もう1年や2年は大丈夫っぽいほどの安泰なんだけど
何故か人気が出ない…
790っていうのも出てるけど、Phenom前提みたいな風潮だし

結局の所、CPUばかり突出しても駄目だし、GPUは専用カードが先行している分だけオンボードのチップセットGPUは、やっぱりトータルバランスって事な訳で、690Gあたりからこっち省電力だったり、突出してないまでも、そこそこのパフォーマンスを出してくれたりというので安定してた

実は、そういう「安定」みたいなのが「鉄板」の一歩手前で躊躇しちゃうような点があったりすると、「悪くはないんだけど…」みたいな板になっちまうっていう話なのかも知れない

PCIeかPCIかのスロットやATAポートの有無っていうのを抜きにしても、何故、そんなにダンピングする?っていうくらいの差はあんまりないと思うんだけど

やっぱりメモリスロットの自由度が、SATAポート4ポートもあっても使えねぇし、とかの反動で敬遠されてるんだろうか、と

まぁないよりかはあった方がいいわけで、SATAポートはたくさんあった方が間違いなくいい
なんだけれど、も、だ
すぐにのせはしないけどPhenomⅡとかも制限なく乗せられたりすると、一生のせなくても、何だか得した気分になるというのも貧乏人の性というものじゃないかと、貧乏人は思うのであり
DVI当たり前のバックパネルてんこ盛り、ライバルは皆無に近いっていう状態で、微妙に自由度を落としているのは、やはり…

というか違いは、SO-DIMMくらいしか見あたらなかったりするわけで
他は、ほぼ一緒か、逆に勝っている点があったりするのに、何故、こんなにも人気が出ないんだろうと不思議だったんだけど
冷静に、素直に考えたら、正直、そういう妙な見方をしてただけかも知れないっていう話

実は、CPUの性能がほぼ一緒という前提ならば、GeForce 9300と780Gを比べると、ちょびっとだけ780Gの方が優れているというか、速いっぽいという話
クアッドコアの話で比較がされてたんだけど、総合化というトレンドがどんどん進んでいく中、CPUにGPUが組み込まれちゃう統合チップになるくらいまでは780とか790は安泰っぽいっていう話だった
そんなに遠い未来の話ではなく、早ければ年明けにはリリース発表があり、手に入るのは再来年あたりっていう話で、コアの数勝負っていうのは終わりっていう事らしい
だからといってデュアルコアが無くなるわけではないとは思うけど、確かに、4コアってどうなわけ?とゲーマーではない廃人未満の人は考えてるわけで

ちらっと、ではなく、実は何度も何度もググってたりするんだけど、AM2+のmini-ITXマザーは、ほぼSO-DIMMばかり
普通のDIMMは1スロットだけだったり
やたらと高い割に690だったり

方やLG775系は普通に2スロットで8G対応までしてたり(ってGeForce 9300-ITXに積んでますが何か)そこらへんが違うだけで、PhenomⅡとかが出たんで条件はほぼ一緒の筈なんだけど、Core2DuoとAthlon64x2の人気の差、値段の差、なのかなぁ…

やっぱりAMD派の人なわけで、正直、PhenomⅡは全くの猫に小判なんだけど、どうなんだろう?とか考えてみたり…
Core2Duoの低発熱に、ちょっと驚きつつも、そりゃTDP45Wの方が間違いなく低発熱なのも判っていながら…
約5000円の差と、常に潤沢な在庫で、たまに週末特価とかで出されちゃうと切なくなるという話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。