TA790GX XE お気に入りに追加

お気に入りに追加Shift++βBIOSTARって正直、安物・ニッチを狙ってくる・悪くいえばキワモノ系、っていうイメージでしたが
これって4コア化騒動で相当売れたんじゃないかと思うけど、普通に使ってても、790で1万円切ってるし、悪くないよなぁ、と
じゃじゃ~ん お気に入りに追加
はっきり言って、スロットの色がオレンジとか薄緑とかが、どうな訳と思うんだけど

バックパネルもしょぼいし

790乗せて、この価格だから仕方ないといえば仕方ない話ではあるんだけど

それでも、なんだか、中の人達は頑張って、色々と工夫をしてるんだなぁ、と

費用をかけずにアイディアで使い勝手をよくしてくれてるんで、費用対効果絶大

BIOSTAR TA790GX XE マザーボード上にパワースイッチ付いてるし
フロントパネル端子をつながないと電源も入れられないんだけど…
こんな小さいけどれっきとしたスイッチが、マザーボードじか付けされてたりする

今時のマザーって、こんなの付いてるんだ?とか思ったけど、MicroATXマザーっていっても1年ぶりくらいの話なんだけど
BIOSTAR特有のおまけなのか、この板だけなのか、とにかく便利です
まな板状態で接続テストなんていうときには重宝します

あとLEDも付いてて、2つ点けば無問題、みたいな
メモリ系エラーと他のハードウェア系のエラーを告知してくれるらしい

通電のLEDはありがちだけど、これも結構、便利
通電LED兼用でエラー検知できるんだし、付けとけ、みたいな事だもんなぁ

バックパネルはしょぼいけど、ブランケットが入手できるのであれば、色々ポートは普通にてんこ盛りだし

強いていうと多コネの位置は遠くはないけど、ATX電源24ピンのすぐ近所にして欲しかったかも
まぁ、問題はないですが
pico PSU-150でPhenomⅡx3動作中
マザーボード通電状態(BIOSまで)でマザーボードだけの消費電力ってのが計れるものなんだろうか?

テキトーな皮算用だけで、かのマルチコアCPUがファンレスAC電源で動かせてしまうってのは、実は、結構衝撃的だったりして

という事は、Phenom X4(TDP65W版)もクアッドコアで動かせるって事になる
消費電力(なので低発熱)はIntelに、一応、買ってるらしいし、値段も値段だし、720BEとかPhenom X4と、このマザーボードは、相当なコストパフォーマンスじゃないかと思う
Shuriken Rev.B冷えなしうるさいし
ケースによってはというか、なるべく小さいケース前提だったんで、Shuriken Rev.Bなんてのを買ってみたんだけど、冷えないし、うるさいし…

うるさいっていうのは言い過ぎかもしれないけど、なんで、あのサードパーティのファンって、たいしたことないのを付けてくるんだろう?不思議でならない

ヒートシンクはまともなのに、ファンがしょぼければ駄目だろうに

普通に12cm薄型静音ファンに換装する前提だと思う

にしても冷えないし

なので前使っていた安々ファンを乗っけてたんだけど、よっぽど冷えるし、静かだった

最終的にはSST-NT07-AM2の薄型シンクに1500rpmの静音ファンをのっけた版で、限りなく無音に近く、ちゃんと冷え冷え
ケースに入れてどうなのか?ってのもあるんだけど…

リテールCPUクーラーは箱から出してもいなかったりして…
iconiconAMD Phenom PhenomⅡ X3 720 BE ¥14,770(税込)icon
iconiconBIOSTAR TA790GX XE ¥9,964(税込)icon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。