コストパフォーマンスなら5400+BEかも

コストパフォーマンスなら5400+BEかもShift++βBlackEdition、略してBEなんだそうで
720BEは、ちゃんとリテールCPUファンが付いてたんだけど
Athlon64 x2 5400+BEは、やけに箱が軽いなぁと思ったら、CPUだけしか入ってないし
アクリルまな板その1
まな板、一応ちゃんとした電源等々も買いそろえてみたので、色々と試してみた

M/B:TA790GX XE
メモリ:PC2-6400(DDR2-800)2GB×4
ストレージ:2.5″SSD(MLC、SATA、32G)+2.5″HDD(5400rpm SATA 160G)
電源:パワグリ400W
CPUファン:Shuriken rev.2 +12cm1500rpmファンに換装
CPU:PhenomⅡx3 、Athlon64 x2 、Athlon64 x2 5400+ BE

まぁ、5050eが間違いなく普通に使えるはずなんだけど、クロックを弄る事がままならず(なんとか頑張れば出来るそうなんだけど、一割程度の話らしいんでパス)
PhenomⅡx3 720BEは4コア化も含めて、どの程度の物なのかを、圧がかかりそうな電源を使って試してみたいと考えつつ…
こぉんな使い方をしてるんだったらデュアルコアで十分っていう事なんで、一番、コストパフォーマンスが高そうで、3Ghzが出そうなヤツっていうので5400+BEをチョイス

ファンは、グリスを塗らず、CPUの上に置いてあるだけっていう使い方が出来るので…
12cmにしたけど、やっぱり、あんまり冷えない…
ちゃんとグリス塗って、固定しないと駄目なんだろうか?
昔の安々ファンは、置いただけでも、普通に20度台をキープしてたんだけど、Shuriken駄目ダメだし

Athlon64 x2 5400+ BlackEdition
まな板(DC-ACPCDI/R)は、ひとまず置いておいて…
5400+BEについて

確か4850eに乗り換える前、常用してたのが5600+あたりだったような気がする
クロックアップだのには興味がなく、ASUSの690GからGIGABYTEの780Gマザーに乗り換えるときに4850eに変えたような…いやいや、その前にBE2400とかだった…

ま、とにかくAthlon64 x2が出たときは、さっさと買ったような気がする
xpのクロックアップで2.5Ghzだかのを常用してたんだけど、64bitの響きに負けて…

なんで、結構、久々の、ただのAthlon64 x2
と思ったら、BlackEditionだったんだ…
倍率可変、普通に3Ghzオーバーで動かせるらしい
まぁ、3Ghzくらいで電圧下げが、どこらへんまで粘れるかってのが楽しみ
定格は2.8GhzのVCore1.35Vだし、3Ghzの1.25Vあたりで落ち着いてくれると面白いんだけど
PhenomⅡx3と一緒だし…
アクリルまな板その2
ささっと、軽くまとめてみた
ロードはBIOSへ行くときのピーク、もしくは、OS起動前のモニターチェック時のピーク
ピークは、だいたいWindowsブート時の最大電圧
アイドルは、起動後、落ち着いた頃の電圧(だいたいマイナス1Wで高めの方にしてる)
ベンチマークとかで圧をかけたりは一切していない
ブラウザを立ち上げて、画像編集ソフトを立ち上げて、エディタを立ち上げて、程度が問題なく出来るかどうか?
一応、AMD謹製OverDriveで確認しつつ…
BIOSは、一応、CPUを交換するたびにCMOSクリア、定格からスタートさせた
C’nQは常にON、SidePortのみ使用、BIOSでのみ電圧、クロック(倍率変動だけ)を動かした

PhenomⅡx3 720BE
定格 2.8Ghz(×14) 1.325V Load:100W Peak:128W Idle:72W
4CORE 2.8Ghz(×14) 1.325V Load:106W Peak:146W Idle:72W
4CORE 3.0Ghz(×15) 1.25V Load:96W Peak:116W Idle:65W
3CORE 3.0Ghz(×15) 1.25V Load:86W Peak:102W Idle:61W
※4CORE化の3Ghzと3COREの3Ghzが怪しいのは、一方がSPのみセッティングだったりして
結論としては3COREの3Ghz、1.25Vがベストじゃないかと(ま、常用してから随分たってるけど)

Athlon64 x2 5050e
定格 2.6Ghz(×13) 1.2V Load:86W Peak:90W Idle:58W
AMDドライバ導入後 Load:77W Peak:87W Idle:55W
※CPUドライバとデュアルコアオプティマイザ
クロックダウン、電圧下げくらいは出来そうだったけどパス
定格のままpicoPSU-90が使える

Athlon64 x2 5400+ Black Edition
定格 2.8Ghz(×14) 1.35V Load:105W Peak:128W Idle:72W
3.0Ghz(×15) 1.325V Load:102W Peak:126W Idle:69W
2.8Ghz(×14) 1.25V Load: 92W Peak:110W Idle:64W
※すげぇ手抜きっぽいけど、電圧下げで何度もブルースクリーン、CMOSクリア、リセットだし
※3Ghzだと定格電圧なみで、ちょっと発熱が心配なのとPeakの128Wが厳しい
※2.8Ghzの電圧下げでpicoPSU-120が使えそう

総じて、まともな電源の場合、軽く圧がかかるのか、ファンレスAC電源の圧が低すぎるのか、1W程度の差が上下で出てるような…
VCoreも0.1V程度の上下があった
パワグリ400Wだと0.1VアゲでpicoPSUだと0.1Vサゲ気味っていう感じ

正直、2.8Ghzも3Ghzも体感は殆ど変わらない、というか、全然判らない
5050eの2.6Ghzは、かすかに体感も変わったのが感じられた

きびきび感は、これも雰囲気だけの話だけど、5400+BEの3Ghz、ついで2.8Ghzが、一番キビキビしてた印象
次が、3COREのままの720BEの3Ghz、2.8Ghzって、ほぼ同じような条件だったりして

不思議と一番効率がよい省電力なCPUはというと、720BEだった
3CORE、3Ghz、1.25VでPeak100Wちょい(瞬間最大Wだし)Idleも61Wと、めちゃめちゃエコな感じだし、何故か、デュアルコアTDP65Wよりも効率的だし
特に3COREの恩恵は賜ってないはずなんだけど、価格が3倍だったりするだけの事はある…

PhenomⅡx3自体が猫に小判状態なんで、5400+BEなんかも手を出してみたんだけど、普段使いというか、基本、4850eとか5050eで十分って事
夏場が、ちと怖い気もするけど、ファンレスAC電源ならばCPUファンだけでもいけそうな5400+BEも、軽快感が5050eあたりとは、ちょっと違ってた気がするんで、こっちでもいいかも

コストパフォーマンス、省電力、すなわち低発熱って事で、初自作の初CPUならば、頑張ってPhenomⅡが将来的にもベストチョイスかと
デュアルコアからの乗り換えは微妙だと思う、確かに
まぁ、ちょっとした確信犯な自己満足だけなんだけど、自作PCには、それ以外何もおもしろみはなかったりするんで…
iconiconBIOSTAR TA790GX XE ¥9,964(税込)icon
iconiconAMD Phenom PhenomⅡ X3 720 BE ¥14,770(税込)icon
iconiconAthlon Athlon64 X2 5400+ BlackEdition ¥6,570icon
iconiconAthlon 64 x2 5050e ¥6,670icon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。