Che-ez! Cubik って昔のトイデジカメの話

! って昔のトイデジカメの話Shift++βCubikで撮った桜
オートでシャープネスだのなんだのを施してはあるけど、元は130万画素のトイ・デジカメ
Che-ez!Cubikというので撮ってみた某小田急線駅付近の桜並木

有名どころではSPYとかっていうマッチ箱みたいなのとか
小型ビデオレコーダーみたいなのとか

これも、そうなんだけど、ストレージが内蔵メモリだけで、しかもTWAIN接続でしか
内蔵メモリからロードできないっていう不便さが、も一つ
単4乾電池駆動なんだけどSPYは1本で何時間かしかもたないんで
バッテリー切れの前にPCにロードしないと、撮った画像がパーになっちゃう

Cubikは単4乾電池2本駆動、一応、スペック上では1週間ほどは保つって事になってた
実際、昔、北海道へツーリングに出かけた時には、途中で目一杯まで撮ってしまったのだけれど
9日間後に、ちゃんとロードできた(母艦PCに保存)

GRⅡとかGX100も、コンデジとしては、普通に小さいんだけど
トイデジカメレベルでいいから、小さい、お手軽お気軽なのが欲しかった
で、引っ張り出してみた訳なんだが
思いの外、面倒というか、大変だった、という話なだけだったりして

Che-ez! Cubik
キュービックというだけあって、真四角な立方体
厚みは、若干、こちらの方が厚いけど、幅はGRⅡのだいたい半分程度の大きさ
つまりは完全に手の中に入ってしまう位の大きさということ
ポケットに入れておくには、微妙にかさばるんだけど
冬場はジャケットとかコートのポケットなら、平気かも
一応、専用のポーチみたいなケース付きでベルト通しが付いてる
Che-ez! Cubik
単4乾電池2本駆動、内蔵メモリにのみ画像を保存(なんぼ入ってて何枚だかは忘れた)
ハイ・ロー切り替えが出来て、130万画素と100万画素くらい?(1280ドットと640ドットとか?)
簡易セルフタイマーなんかもあったりして

USB接続でTWAIN機器として保存
ビュワーというか背面に液晶などあるわけもなく、ファインダーもどきの小さなレンズで
雰囲気で撮るしかない
Che-ez! Cubik front view
このシリーズは、実は、一通り買ってたりする
Cubikも、2台目
1台目は放っておいたら電池を入れてる接点のところが錆(青錆だったけど)ちゃって放棄
確かヤフオクとかで2台目をゲットしたんじゃないかと思う

SPYだかのマッチ箱みたいなのとか、もうちょい大きめのとか、一応背面液晶つきのとか
なんだけど、一番、Cubikがシンプルでお気に入りだった、というか
画像もマシだったし(200万画素のよりマシっていう感じだったし)
Che-ez! Cubik back view
青い小さなボタンがモードボタン
液晶にはモード(CAで全消しとかHrでハイレゾ?とか)と枚数が表示される
上のファインダーは、ただのレンズで、画角をきっちり決めようと思ったら結構慣れが必要かと

ドライバCDは、ちゃんと持ってたと思ったのだけれど、まぁ肝心なときには出てこないわけで
製造元はとっくの昔に倒産してて、ドライバなんかが転がってないかなとググってみた

やっとの思いで探し当ててセットアップしてみたものの、ドライバがインストールされただけで
後は、WEBカメラにもなるんで、それのビュワーみたいなのが入ってただけだった

で、思い出した
これってTWAINで抜くんじゃなかったっけかぁ?と
でTWAIN機器対応のビューワーを探してきて
結局、TWAIN接続データ抜きだし専用ソフトを見つけて、無事、ロードできた
Che-ez!シリーズのドライバ
・web.archive.orgという古いドライバなんかが保存されているサイトみたい
BTScan Vectorより
・WAIN対応機器から連続で画像を取り込み、連番をつけてファイルに格納します。
・動作が軽いのが特徴で、TWAIN対応機器のデバイスドライバさえ正常にインストールされていれば動作します(ランタイム等はいっさい必要ありません)。
・ファイル出力には BITMAP, JPEG, PNG、TIFFの4形式に対応しており、その他、画像処理や、印刷機能(コピー機能)をサポートしています。

予めCubikのドライバ(setup.exe一発)が入っていたので、USBで繋ぐと、例のドライバインストール・ダイアログが出てきて、自動インストールで無事、改めてドライバのインストールが出来る

因みに動画(ビデオ)のドライバも入れるようになってて、2回、ダイアログで自動インストールって事になってる
そういえば、ディスプレイのてっぺんに取り付けられるような台座みたいなのも付いてたっけ…

んでもって、USB端子なんだけど、オス・オスのケーブルでないと繋げられず、仕方なく、外付けHDDケースのケーブル(一方に2つ端子が付いてるバスパワー駆動用のケーブル)で繋いでみた

で、やっとBTScan起動
接続機器には、ちゃんとCubikと表示され、20枚ほどの画像が、ささっと…というわけにはいかず
たぶんUSB1.0規格だと思うし、一気取り込みといっても、BMPとかJPGにコンバートしながらっていう事みたいなので、結構、遅かった

いやいや、ただ感激したって事なだけなんだけど

インストールCDなしで、6~7年前のデジカメが使えるようになったっていう話
お散歩デジカメには、これくらいのトイデジカメがいいんじゃないかと
携帯電話のデジカメって使ったことがない人だったりするんで…
あれってカッコ悪いし…
やっぱり「写真」は、おもちゃでも何でも「カメラ」で撮るべきだと…
K10D持ってる素人の戯言でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。