Phenom II X4 955BEで幸せになれるんだろうか

Phenom II X4 955BEで幸せになれるんだろうかShift++β明日(4/23)発売で店頭陳列準備も万端なようで…

レビュウに当選したあかつきには…みたいなだけで、ソッコーで買う予定はない
むしろ940BEのダンピング期待だったりして

というのも、AM3の恩恵ってDDR3って事で、いよいよっていう事になれば、嫌でもDDR3移行ってのを考えないといけないんだろうけど、それって地デジとどっちが速いんだろうか?位のノリでしか考えてなかったりして…

解説とかを読んでみても、どうも歯切れが悪いというか、コストパフォーマンスが僅かに勝っているだけでIntelのには負け続けてる訳で、DDR3になったからといっても、やっぱり、ちょい負け

何より、DDR3の恩恵というのが全然見えてこない
なんだか高いばかり(値段が下がっているとはいえ、だ)で、DDR2-800と、どう違うの?どんだけ速くなるの?っていうのには、ベンチでスコアがちょい伸びって、そりゃ分からんだろうって

AMDでもソケットをコロコロ変えちゃって、何だかなぁ、っていう事もあったんだけど、このCPUソケットってのが、マザーからCPUから全取っ替えっていう、結構リスキーなアップデートな訳で、劇的に変化しない限り、次の次待ちというか、落ち着くの待ちだったりするわけで、そういう意味では、今回のAM2+/AM3両対応っていうのは正解だったんじゃないかと思うんだけど

メモリスロットの話だし
というかメモリの話な訳だし

DDR2-800が値上げ傾向ったって、2GB×2枚組の4GBキットで4000円って、確かに、ちょっと前までは楽勝で4000円切ってたんだけど

– Phenom II X4 955 BE:3.2G、L2 512KBx4/L3 6MB、TDP125W
– Phenom II X4 940 BE:3.0G、L2 512KBx4/L3 6MB、TDP125W

ぱっと見、クロックが違うだけにしか見えないんだけど、AM3とAM2+
メモリクロックの対応も違ってるし

が、当面は手持ちのDDR2-800(2GB×12枚持ってたりするし)でいいやと思ってるのと、マルチコアの恩恵ってのも、64ビットOSみたいな半端なノリのままズルズル、DDR3も追随してズルズルっていうパターンかもなぁと

ベンチのスコアがちょびっと伸びたって、それって体感で感知できないくらいのレベルの差だったりするんじゃないの?と
DDR2-800と667の差っていう程度だったり…
ならば、全くとはいわないけど、あんまり関係のない話だよなぁ、という程度

そもそもクアッドコアだから、というのではなく、PhenomⅡそのものの省電力、耐性性能に興味があるわけで
TDP125Wとか言っちゃって、コア潰したら、TDP65W並の下げ下げ耐性とか醸し出してくれたりするんじゃないのぉ?という期待半分

L3キャッシュのPowerは、確かに実感できたので、そこらへんのコストパフォーマンスというか、Intelには真似の出来ない(たぶん)BlackEditionってのと、微妙に半端なクロックアップ版を小出しにしつつ、最終的には、デュアルコア版でAM3に移行してもいいかな、とか

というか、AM3レディなAM2+ソケットのマザーのままかどうかは、年内の新チップセットリリースがあるのかどうか?とか、全部入り790GなMicroATXマザー鉄板候補リリース待ちっていう条件付ではあるんだけど

なので、フラフラっと買うとしたら940BEのダンピング価格だろうと
普通に2万円切ってくるだろうと思ってるんで、1.9万切ってたらヤバいかも
なんだか先物とか株やってるみたいな話だなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。