Windows 7 で幸せになれるんだろうか?

7 で幸せになれるんだろうか?Shift++β米Microsoft、「Windows 7」のRC版は4月30日提供開始 – Enterprise Watch

米Microsoftは4月24日(米国時間)、開発中の次期OS「Windows 7」のリリース候補(RC)版の公開予定日を明らかにした。開発者向けプログラムTechNetとMicrosoft Developer Network(MSDN)加入者には4月30日、一般向けには5月5日に公開する。

実はvistaはアップデート版でx86のHomePremium(MCE2005からの例の郵送版)普通に買ったのがultimate x64の2つ持ってる訳なんだが
Windows7は、頑張って普通に買いたいなぁと思ってる
x64にするかどうかは、ちと考え中
結局、x64版は色々と制限が多く、特にドライバが必要なアプリ、ハードが動かなかったりしたので、インストールするときはマルチブート環境って事にしてた
PCでTVってのがダメだったのが決定的だったかも…

vistaの時もβ2あたりから入れてRCを入れて、こりゃ買っておいた方がいいなと

アップデート版が来てから、しばらくは使っていたのだけれど、どうにも悪名高いUAC?が、うざくなって落とした
今時は、ブート時に切っちゃっておいて、必要なアプリが立ち上がってからオンなんていうのが出来るらしい?
また入れてもいいかな、とは思ってるんだけど
減量軽量パックにするのが面倒くさくて、まだやってない

XPの延命もこれまでか、と思いきや、全然、まだまだっぽいんで、Home、Pro、Pro化可能なMCE2005と3つのパッケージを持ってるんで(厳密にはEeePC輸入版についてたHome英語版で4つめ)4台のPCにインストールが可能なわけで
余り困ってはいない
認証が面倒くさいけど…

開発中っていう最初のニュースの時には、XP互換の小さなカーネルというか減量小型化したXPっていうのが搭載されるっていうので、結構注目してたんだけど、本体そのもののバージョンでNetBook対応バージョンみたいなのにするらしく、なんだそりゃ!?って事になった

ぶっちゃけvistaは失敗だったと認めたらいいのに…と思うんだけど
7でも同じ轍を踏みそうな気がしてたりして…
vistaでないと駄目っていうキラーアプリは登場せず、XPで動かせてたんだから、vistaもOKっていう本末転倒な話で
x64のハード対応とかドライバ対応の促進をしてないのか、メーカーがやらなかったのか、CPUとかは遙か昔から64ビット対応してるのにっていう…
マルチコアもそうだけど、ハードの恩恵をきちんと享受出来る環境ってのが揃わないとソフトは無駄というか使えないって事なんだろう

ハードウェアがソフトウェアをある意味では追い越して久しく、また別の観点からすると、ソフトウェアがハードウェアをきっちり使いこなせなくなって久しい
この、ねじれ現象をどうにかするっていうのはないんだろうか?と貧乏性は考えてしまうわけだ

Windows 7に「Windows XPモード」、仮想環境で提供

Windows XPモードは、仮想環境ソフト「Windows Virtual PC」のもとで動作するWindows XP環境として提供される。このモードで動作するアプリケーションは、Windows 7デスクトップでそのまま動作するという。

だったら仮想PCで動かせばいいぢゃんっ、みたいな…

申し訳ないのだけれど、間抜けにしか見えない

Linuxでは仮想PC環境が最初から提供され、普通にXPをインストールして、ハード資産をきっちり使って動かせる
多分、Windows7も、逆に動かせるようになるだろう
それでもvistaを仮想PCに入れるっていうユーザーが少ない(んじゃないかと想像してるだけで、本当かどうかは判らないけど)のは、X Windowsの真似みたいなデスクトップは要らないって事なんだろうし
Windows7も、「で、何?」みたいな反応だったらどうするんだろうと

親亀の上にいくら小亀を乗せても、親亀がこけたら皆こけるっていう話じゃないかと

じゃあLinuxかというと、開けっぴろげすぎて逆に敷居が高かったりする
設定ヲタクにしてみると、弄り易すぎるっていう…弄らないと、なんだかなぁっていうイメージだし
最近は面白そうだとは思うけど、やっぱりガツンとキラーアプリがないと入れる気にならないし
個人的にはATOK(あるにはあるらしいんだけどLinux版)が使えて、セッティングがWindows版みたいに、ぎんぎんに細かくなくていいけど、そこそこ弄れるようなエディタとか画像編集とかがあればいいなと
Emacsとかは文化になってるし、GIMPって細かすぎるし(Photoshopとかでデジカメ画像を編集するのってプロじゃあるまいしって、重いし)

XPのLunaデスクトップを踏襲しつつも、せめてデュアルコアCPUのPOWERをまんべんなく使えて、適度に軽く、適度に小さい、っていうOSがいいんだけど

あとは、ひょっとしてひょっとするかもなぁと思ってるのが、ブラウザ
第二のOSと言われてるし
残念ながら日本語という壁を抱えちゃってるんだけど
英語圏では、そこらへんでLinux移行っていうのが進んでるんじゃないかとも思うんだけど
IMEというか変換エンジンが要らないし
ブラウザで日本語変換ってのは難しい?(出来たりするとヤバいだろうな)
実は、ブラウザのアドオンとかで十分事足りてたりもするんで、標準ブラウザだし(IEね)って思ってたら、大間違いじゃないかと

一応、正式版リリース、価格によるけど、バージョンアップ版とかではなく普通に買う予定(素直にOEM版、ハードバンドル版のつもりだけど)
インストール、常用するかどうかは別なんで、しばらくは様子見だけど

つまりは「あんまり幸せにはなれそうもないんじゃないかなぁ」って事で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。