A列車で行こうDS カメラモードがやっぱり凄い件

A列車で行こうDS カメラモードがやっぱり凄い件Shift++β

達人達は既に余裕でチュートリアルマップはクリアしてるっぽいんだけど
バッテリーのキリというのもあるわけで
ぼちぼち、というか、のんびり、というか、ながら、で進行中

やっぱり、Ⅶにはカメラモードなかったし
Ⅷにはあったけど、DS版みたいに角度を変えたり、車窓からの風景なんてのも見れなかった

強いて言うと21centuryのカメラモードが似てるといえば似てるかも

因みに
AⅣ復刻XP版と21centuryはゲームCDをドライブに入れないと遊べない
…の筈だったんだけど、普通にImgBurnでcue+Binで焼けた
やっぱ古いプロテクトで丸ごとイメージっていうのを想定してないみたい
仮装ドライブにマウントさせて起動したら普通に動かせたし
600MBっていうのをデカいファイルだなぁと思うかどうかは別にして…
ゲームCDをいちいちドライブに入れるのが面倒だったんで試してみたんだけど
多分、フツーに一般常識なんだろうな、きっと

って事で、続きはDS Liteのデジカメキャプチャ画像で重いですってば


おおまかには、この右上のビデオカメラのアイコンを表示させる
因みに、マニュアル(らしき小冊子)は全く見てない
何となくDS LiteのAボタンを押してると、ターゲットの電車やら駅やらを選べる
というのも美人秘書が教えてくれた…

進行方向ビューでスタートする
因みに
折り返すと、最後尾からのビューになる
環状線なら延々と進行方向のビューを見続ける

更に、因みに
この高架線がまさにジェットコースター
三速くらい(デフォルトの時間経過スピード)でも目が回りそうになる
ジェットコースター苦手な人だからかも知れないけど
最速(五速)だと、完全にヤバいジェットコースター
これで地下鉄とかが見れるようなったら、かなりヤバいんじゃないかと

もっというとバスも同じようにカメラビューが出来る
道路の高架ってのが出来るかどうかは別にして
ほぼ直角にしか曲がらないので、それこそ乗物酔いしそう
カーブして高架を上がったりしたら…

下画面のタッチパネル
Rボタンとかでサイドからの、いわゆる車窓風景を見る事が出来る
Lボタンは逆なんだけど
RからLで進行方向、も一度Lボタンで左側車窓風景
因みに
AUTOってので、ビューの自動切り替えなんてのも出来たりする

なぁんにもないけど、車窓風景
田園地帯(未開発)の、のっぺりとした風景でも、結構楽しい
因みに
2月って事で、雪景色になってる
お”
バスも走ってるし

も一つDS版ならではのカメラビュー操作
これも、結構、頑張ったというか秀逸だと思った

何となく、だけど
ひょっとして電車の上に乗ってる風?
映画なんかで、よく見る屋根に乗ってる時の風景っぽく

タッチパネルのカーソルボタンで水平度を変えられるのだった
地面に近い方
静止画像だからいいけど、動いてると、結構、迫力あるというか
やっぱり高架を走ってるときは、線路が流れてるのを見てるだけで
ゲロゲロ気分になってしまう弱い人だった…

多分、見てないけど、YouTubeとかで動画がありそうな気もするけど
実際にDS Liteを操作しながらというか、現物を見ると、かなり違うような気がする

画面が小さい分、3Dもどきも許せちゃうし
鉄キチさん達は許さないんだろうけど、車両もシンプルだし
バスを走らせる事が出来るってのが今時のPC版と違うところかな、と
う”
トラックも走ります
ちゃんと荷物を積んで走ってくれます
マップ横断道路とか、線路を造って、ガシガシ走らせたいかな、と

恐らく
マップエディタも内蔵してるっぽいんで、完成させたマップで「見るだけ」プレイも出来そう

う~ん
このままPCに移植して欲しいかも
気持ち3Dをマシにする程度でいいんで
オンボードVGAとかで遊べるスペックで最新版期待
自動車系も配置出来るようにして、カメラビュー搭載がベター
素直に21centuryをフルサイズに広げてくれればいいって話なんだけど

でも、Ⅷベースの方がいいかもな
パッチというか、アップデートで付け足してくれないだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。