Windows 7 RC版 覚え書き

Windows 7 RC版 覚え書きShift++β
遅まきながら、やっとこさ、Windows7RC32bit版、入れてみた
【インストール】
RC版だからっていうのを置いといても、DVDを読み込んで、上の金魚なしの画面が何分間か続き、ハングったんじゃないかと思うくらい…

このハング?みたいな静止画面は、この後も登場して、ちょっとビビる

「死んじゃいないぜ」って見せてて欲しかった
因みに実は最初にインストールした64bit版インストール時は、ダウンロード時の不具合というのもあって、リセットかけちゃってたりして

レビュウ通りで30分弱くらいでインストールは完了
800×600画面のまま、標準VGAドライバのままだったけど


というのも止せばいいのに、2009/05/15時点で、とってもレアなHD4770という最新GPUカードを挿してたりしてて

オンボードVGAの790GXとかなら勝手にドライバを更新してそうなものなんだけど(vistaの時は、ガンガン勝手にアップデートしてたし690G)
GPUカードのドライバなんで、一応、予めWindows7向けのβドライバを用意してたんで、インストールしてみたのだけれど、やっぱりドライバのインストールが出来なかった

というのも、例えばHD4670とかなら大丈夫だったんじゃないかと推測
何せ、公式HP(AMD、ATI)でもHD4770サポートというのは明示されてなかったりする
※HD4000シリーズのサポートで、普通にカバーしてるんだけど

【VGAドライバの入れ方】
カード付属のインストールCDから手動でインストールすればOK
・デバイスマネージャ→ドライバの更新→ディスク参照→ドライバCDのvistaディレクトリ
で、無事インストール完了
古いドライバだったとしても、最新版のCCCとかをインストールすると、ちゃんと認識できるようになる
ひょっとするとオンボードVGAの790GXでCCCを入れておいても、再認識インストールとかで平気かも知れない(XPでは、その手で、ドライバCD抜きでインストール・認識できた)

【SSD向けセッティング】
・スーパーフィッチの切り方→vistaと同じ
 ・サービス→superfitch停止→無効
・pagefile.sysを削除する→XPと同じ
 ・メモリをフルで載せてたら不要(不安定になるという話もあるけど)
 ・コントロールパネル→システム→詳細設定→仮想メモリ→0に設定
・インデックスを切る→XPと同じ
 ・ドライブ右クリック→プロパティ→インデックスチェックボックス→ごにょごにょリード
  →ちょい待ちでクリア
【hiberfil.sys】
これ↑が、結構、面倒というか、初お目見えの難物だった
スリープ状態時にメモリに読み込まれていた内容を書き出しておくファイルだそうだ
ハイバネというやつ、らしい(ハイバネーション)
スリープなんてのは普通に切ってたんで、今まで、お目にかかったことがなかった
デスクトップ右クリック→画面のプロパティ→スクリーンセーバーあたりの詳細→電源管理
とかでスリープはオフ、でいいはず?
なんだが、依然として残ってるし(システムメモリ3.75Gで2.4Gという大きなファイル)
「ググれ、カス」とブツブツ言いながら調べてみたら
コマンドラインから、ごにょごにょするとスリープを完全にオフに出来るみたい
ここらへんを参照

1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに cmd と入力します。
2. 検索結果の一覧で、[cmd] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
3. ユーザー アカウント制御からメッセージが表示される場合は、[続行] をクリックします。
4. コマンド プロンプトで、powercfg.exe /hibernate on と入力し、Enter キーを押します。
5. exit と入力し、Enter キーを押して、コマンド プロンプト ウィンドウを閉じます。

で、見事に成功
vistaとほぼ一緒って事なのか?みたいな

結局、SSD対応っていう話も、今時の安々MLCな32GBとかっていうSSDだと、ただのディスクドライブ認識されちゃうっていう話なので、手動で、今まで通りのSSD向けセッティングをしないと駄目だって事

と、ここら辺までで、SSDは7.15GB使用
VGAドライバ(CCC含む)とATOK2009が入っての容量

続く…

ATLANTIS RADEON HD 4770 512MB PCI-E BOX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。