今更PhenomⅡx4 945TDP95W版を買った訳

今更PhenomⅡx4 945TDP95W版を買った訳Shift++β別に深い意味があったわけではなかったりして…
何故か手元に買えるだけのお金があって(きっちり銀行でおろしてたけど)
ないかもなぁと思っていたショップで普通に売ってたんで、ついつい…

何がやりたかったかというと
ホントの机の上置きデスクトップPCの静音化は、やっぱり電源だろうと
ケース付属電源のファンが一番うるさいのと、ひょっとしてCPUなんかより発熱してて、冷やせてないから、ただでさえ狭いケースなのに熱がこもってしまって、悪循環っぽいし

前にもちょこっとだけ試したことがあったんだけど
ファンレスACアダプタ電源に換装して使えるかどうか
ただし
考え得る最強PowerのCPUで、と、衝動買いしてしまったわけだ

第一弾は素直にTA790GX XE
多分?最強オンボードVGAの筈
年末から来年早々には新チップセットが出てくるそうなんだけど、ひょっとすると785Gなんかよりかは、まだ速いらしいし(800番台がホントのHD4000台だっていう話)

構成は
DDR2-800 2GB×4 計8GB(内4GBはRAMディスク導入済)
安い時期に買えてたPQIのSSD MLC SATA 32GB(Win7RCインスト済)
セカンドドライブ、データ用として2.5″ HDD(5400rpm SATA 160GB)
だけ、でスタート
最終的には、どうにかしてSSDを2台(vistaかXPとデュアルブートで使いたい)HDDを1台、可能であれば、更にスリムドライブも繋げられれば…

というのはデスクトップの置ける小型スリムケースのベイが最大で、その構成になるからっていうだけの話
ま、光学ドライブは外付けで、飾りに付けとくっていうのでもいいんだけど

720BEでは動かせてたんで、大丈夫だろうと思っていたんだけど
ほぼ…あえなく撃沈した


ほぼ…っていうのがどういう事かというと
定格VCore1.3Vでは、そもそもがOSブートせず
1.275Vまで落として、やっとOSブートするも、極めて不安定
というか常用には程遠い

前のデータを見てみると
720BEの1.25V駆動からしても10Wくらいは上がっている
やっぱりクアッドコアでは無理なのか?

まぁeシリーズの2.5Ghzくらいのなら動きそうな気はするけど
3Ghzオーバーを使ってしまったので、戻れない体になってしまってるし
出たばかりというのもあってクアッドコアのeシリーズは、同じくらいの値段だし
素直にトリプルコアの720BEかデュアルコアの550BEで試した方がいいのかも
945-04.JPG
pico PSU-150XTは、一応、最大150W出力が出来るはずなので150ってネーミングだと思っていたんだけど、ACアダプタがピークで110Wまでっていうのしか売ってなくて、スペック的にはPSU-120と同じって事になってる

きっちり150W・10A出せれば、TDP95W定格1.3Vは問題ない筈だし、ストレージが、そんなに電気を食ってるわけでもないし
コアあたりの消費電力、低くなったとはいえ、やっぱり4コアを動かすというのは無理だったっていうことなんだろうかと…

なんでもDellのACアダプタが規格上は合ってるんだそうで
DCジャックの加工をすれば、繋げられるんだそうだ
きっちり150W・12.5A出せるらしい

たぶん
150W出せれば、2.5″ストレージにスリムドライブで4台くらい接続でも動くような気がする
VGAカードは厳しいような気がするけど、ファンレスHD4350あたりとかならギリで動くかも?という計算


妄想ばっかりだなぁ…そういう妄想をしている時が、何を買うか悩んで調べている時の次に楽しいというのはないっすか?
思い通りに動かせないってのは、後から2倍楽しめるもんだなぁと、逆に楽しんぢゃう発想はヘタレだけど自作好きには必要なのかも、です


※TDP125Wと混在してます。Sofmapが最安値ですが入荷待ち、ドスパラが即納で最安値の¥21.800です(2009/6/16現在 町田店で購入)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。