Windows7 早期優待アップグレード版 1日で完売って…

早期優待アップグレード版 1日で完売って…Shift++β正解だったのかも…早々にポチっとしといたの…
7千円のWindows 7アップグレード版登場、予約殺到で1日持たず完売

実売価格はHome Premiumが6,999~7,777円、Professionalが13,299円~14,777円。
 しかし、「XP/Vistaの全エディションからアップグレードできる」「32bit/64bit同梱」という使い勝手の良さ(これはWindows 7アップグレード版本来の仕様)や、その値ごろ感から予約が殺到、26日夜までに全サイトでHome Premiumが完売。
 Professionalは少数のサイトで27日早朝まで在庫があったが、同昼過ぎにはそれも全て売り切れに。
 結局、10日どころか2日も持たず販売終了とあいなった。

にしても
本命はHomePremiumなのか、はたまた、7000円という値段で加速しただけなのか…

あとは
次のキャンペーン版とか、考えてるんだろうなぁ、多分、と
MSJも、ちょっとびっくりしてる風らしいし
なんでもショップによっては殺到ぶりにエラー吐いてたそうで…

ひっそり
の筈が、結構、大事になってたようで
これってば、考えたら、約4ヶ月も先の話なんだけど、RC版という使える実体があって
今回のキャンペーンは、実際問題として、かなり「安い」ってのもキーになってたんだろうけど
記事でもあるように、かなり期待が大きいっていうのは確かじゃないかと

ということは
一応、標準小売価格を発表してるけど、やっぱり1万円前後っていう値段へダンピングとかしたら
爆発的に売れちゃうって事でもあるんじゃないかと
ま、無理だろうな、多分

個人ユーザー向け最高峰Ultimateがアップグレードクーポンだけでしか出てきてないってのも、ちょっと気になってたりするわけなんだけど
やっぱ、あれかなぁ
例えば64bit版限定でおまけ付キャンペーン版とか
※メディアは全部入り・32bit/64bit同梱で全部のバージョンのイメージ入りの筈
遅くとも冬ボー商戦あたりには、そういうの出すだろうな、と

発売前のキャンペーンとしても、まだまだ四ヶ月もあったりするんで
実は、結構、いろんな事が出来るはずなんで
まだまだ予断を許さないっていう感じではある

なので、今回ゲット出来なかった人も注意してた方がいいとは思う
早まってアップグレード権付vistaに走らないように…
それだったらDSP版を待つべきだと思うし
もう一発くらいイベントかまして、半額配布ってのは十分に考えられると思う

だって
1日で完売ですよ…どんだけ本数あったのか公表してないけど、「かなりの数」っていう事らしいし
10日間限定が1日、2日かよっ!というのは、嬉しい誤算であったはず
でも誤算は誤算な訳で、一週間限定で、倍ほど本数用意するとかで第二弾ってのが
マーケティングとしてアリなんじゃないかと
てか
やらんと、買えなかった人が、また、離れちゃう…って事はないか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。