「宇宙の戦士」に捧げ…てるらしい 今日買った本

」に捧げ…てるらしい 今日買った本Shift++β老人と宇宙(そら) (ハヤカワ文庫SF)

話の進め方というか、あらすじ大筋同じというだけではある
一応、宇宙戦争で、異星人と戦う歩兵の話
兵役志願するまでのプロセス、訓練期間の様子、初戦闘シーン等々
だいたい同じような進み方で、確かに似ているといえば似ている
機動歩兵かどうかというのが重要だったりすると
映画版「宇宙の戦士」の方を思い浮かべた方がいいのかも

う~ん
映画も、だけど、この邦題の付け方は何とかならんだろうかと

Finding Foresterが「小説家を見つけたら」なんてのは洒落てていいと思うけど
「老人と宇宙」で「宇宙の戦士」オマージュって言われても…
ネタバレだし…

出がけに本屋さんへ寄って三部作揃ってたけど、とりあえずの1巻目を買ったわけで
そりゃ、もう、素直に「宇宙の戦士」ハイラインに捧げる…なんていうのを見たら
買うに決まってるだろと…

普段というか、普通なら三冊まとめ買いなんだけど
躊躇したのは「老人と宇宙」というタイトル
老人も然る事ながら、宇宙と書いて「そら」と読め?はぁ?みたいな…

どちらかというと連合軍よりもドイツ軍の方が好きで
戦車なんかより88mm砲とか軍用トラックとかが好きだったりするんで
宇宙の戦士も「戦争論」とか「愛国心」みたいなのを抜きにして
どちらかというとガンダム・マニアみたいなノリと青春小説っていう風に読んでたし
戦争肯定・愛国心バリバリという風な読み方も出来るんだろうけど
デュボア先生の授業を読み返すと、果たして素直に受け取っていいんだろうか?と

「老人と宇宙」は、そういう思想的なメッセージはなさそう
著者は、やっぱり青春小説と読み取ったんじゃないかと思うわけで
戦闘部隊のイメージも「エイリアン2」の海兵隊みたいな感じだし
男女間のごにょごにょも出てくるし、大人の恋愛話も出まくる

帰りに再び本屋さんをはしごして2巻目3巻目を買った

因みに著者は有名なブロガーだったそうで
これも一章づつブログにアップしてたそうだ
そういう本が、いきなり賞を取ってしまうあたりがアメリカらしいなぁと

「宇宙の戦士」好きな人、誰もが認めるというか読み終えるかというと微妙だけど
個人的には、面白かった

遠すぎた星 老人と宇宙2 (ハヤカワ文庫SF)

最後の星戦 老人と宇宙3 (ハヤカワ文庫SF)

3D鉄道シミュレーション -RailSimIIでマイ列車を走らせよう ¥1,890