PDA以上NetBook未満

PDA以上NetBook未満Shift++β


トレンドは、11型・薄型・高解像度1366×768ドットだったんだけど
これは意表を突いたというか、ひょっとして?と思わせるスペックだった
ノキア Booklet 3G はAtom Z530採用、799ドル?
12時間駆動というだけで、他の情報が少ないんだけど、これも気になる所ではある

やっぱりモバイルというか、そういうのはHP200LX世代としては10時間駆動当たり前みたいな
そこらへんを重要視したいというか…

965BEでデフォルトのクロック最高峰になったとか
785Gは大したことなかったとか
サボってる間に色々とあったにはあったんだけど
思っているほど8月が激動ではなかったというか
冷夏だったんだけど、つまりは諸々も自身も夏バテっていう事だったのか、と

NetWalkerの気になる所は、とにかくキーボード
打ちにくいというのと、たわむというのがマイナスポイント
Ubuntuとか非Atomとか相変わらずの縦600ドットとか、ストレージが僅かに4GBとか
大きさ・重量とバッテリー駆動時間とのトレードオフを考えればいい事
ただし
ならば、もうちょいハードとしての完成度を上げて欲しかった
WebカメラやBluetoothを外したのは評価したいけど
キーボードの使い勝手とか、きっちり仕事をして欲しかった
まぁ、製品版のレビューではないのだけれど
多分、この時期での実機だとしたら、ほぼ同じようなものではないかと…

ひょっとすると?と思ったのは、際でのWin7キラー
Ubuntuキラーハードになるかもなぁ、という予感
メールとネットサーフィンだけならば携帯電話でもいいわけで
動画も、ちょっと頑張れば携帯電話で見れちゃうし
パソコンならではの「何でもアリ」というのにして欲しい訳で
そこに高速であるとか大容量であるとかは要らないし(そこそこのスピードは欲しいけど)
電子辞書並みの小ささで10時間駆動の立派なパソコンという所がとても良いと思うわけで
キーボード周りをきっちり改善して、現状のAtom並のCPUパワーが得られたりしたら
かなりヤバい「デバイス」になるんじゃないかと思う

間違いなくZaurusでLinuxだったという人たちは買うだろう
シャープというメーカーが一皮むける事になるかも知れない
栄えある一号機としての歴史的な瞬間であるかも知れない
同じ事がノキアにも言える訳なんだけど、こちらはスペックが判らないだけに微妙だけど

何にしろ薄型・11型以上高解像度とかに10時間以上、10時間程度のバッテリー駆動時間というのは、譲れなかったりする訳で
その上で、個人的には、英語キーボードというのも「絶対」だったりする

実機レビュウを、一応は待つけど、基本は見送り
二号機待ちというのが本音
せめてキーボードがたわまない、文章入力のも耐えられるというのを待ちたいかなと

ただ、ホントにひょっとしてひょっとするかもしれないという
静かな期待は持ってるんだけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。