原口ごにょごにょ・亀やっぱりイラっ・藤ガンバ

原口ごにょごにょ・亀やっぱりイラっ・藤ガンバShift++β原口総務相 西川社長に辞任要求(産経新聞) – Yahoo!ニュース

 原口総務相は日本郵政の行った「かんぽの宿」の売却問題について、「国民の財産と認識しない方に経営をまかせるわけにはいかない」と述べた。また、国の直轄公共事業費の一部を地方自治体が負担する直轄負担金制度についても、廃止する方針を示した。

竹中ヘーゾーさんに言わせると、辞めさせることは法的根拠がないそうで、「辞任を要求」止まり発言
社長の決裁権というか、そういう話じゃねぇの?と
国民の財産と認識してる、してない、っていう話以前に、「かんぽの宿」って何?って話だったわけで、無駄だし、たたき売ってでも売却ってのは、不良債権の山を前にしてるフツーの民間企業にしてみれば当たり前だと思ってみたり…
この爺さんが社長になる前の話だと思うけど「かんぽの宿」を建てた時に遡って反論出来ない所がよろしくないだろうって事ではあるけど

んなもん、知ったこっちゃない話なんで、「国民の財産」なんて事は考えないだろ
民営化って「国民の財産」考えなきゃイケねぇの?みたいな…

で、地方の潰れちゃった郵便局を復活させるのか、どうかってのは、どうよ?
どっちかってぇと、そっちの方が先じゃね?と思うんだけど

 亀井静香郵政改革・金融相は会見で、中小企業向け融資や個人向け住宅ローンで、3年程度の返済猶予(モラトリアム)を検討する「貸し渋り・貸しはがし防止法案」を10月の臨時国会に提出する考えを表明した。金融界が反発していることに対し、企業に必要な資金が十分に行き渡っていないとして「反省が足りない」と批判した。

野党自民党には頑張って欲しいなぁ…この程度の法案は潰して欲しい
亀、モラトリアムの後、考えてるのか?と聞きたい
全体的な話になるんで、資金繰りを考えると良さげには聞こえるけど、果たして、きっちりした社長さん達は皆喜んでるんだろうか?と
返済猶予って、3年貯金出来ればいいけど、3年後には払い出しが待ってる訳で、そこで返済出来るだけの余裕が出来なけりゃ、もっと悪化した状態になるんだよな?とかって考えちゃうんだけど…
企業への資金が足りないんじゃなくて、労働者への賃金が低すぎるわけで、企業への資金をつぎ込んでも、働く人たちへ行き渡らないのは判ってるんじゃないのか、と

景気対策のつもりでのたまってるんだとしたら…やっぱ
イラっ

 藤井裕久財務相は、通貨制度に関する助言を受けるため、大蔵省で財務官を務めた国際通貨研究所の行天豊雄理事長に、財務省の特別顧問就任を要請すると明らかにした。藤井財務相は平成21年度補正予算の執行停止問題について「お金が無駄に回っていること、資源配分として間違っていること、官庁営繕(経費)はすべて切る」と語った。

まともそうなのは、この爺さんだけなんだけど
何が無駄で、何が間違ってて、何を切るのか?ってのが問題というか、明らかにしなきゃ行けないことで、そんなこんなを、亀みたいなのとも折衝しつつ(一応金融担当大臣だから口出しするんだろうし)大変だよなぁ、と…
通貨制度に関する助言って、政府紙幣発行?とかって思ったりして…

21年度補正予算って、時間ないぞ~

一応、やってるぞ感を出してる風なコメントにしか聞こえないってのは
反民主だからなんだろうか?
もうじき、こそこそし出すんだろうか?
いつかは公約違反、守れなかった約束に対して頭を下げてくれるんだろうか?

いうほど時間がないのを忘れずに…
参議院選挙の時には、すわ解散!?ってな事になってるような気がしてるんで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。