NetBookで別にいいぢゃんと思う訳

NetBookで別にいいぢゃんと思う訳Shift++βASUS、2万円以下のEee PC「高峰」を来年Q1発売・Android 採用?

日本円にそのまま換算すると1万7000円以下。Shen氏いわくこれは同社の「秘密兵器」で、AtomではなくARM系チップを採用したEee PC高峰(Eee PC Peak?)と呼ばれているもの。

ASUSの Smartbook (ARM系ノート) といえば、SnapdragonベースでOSにAndroidを採用をした試作機が今年のComputexで発表されています。

ホントの意味でのネットブックならARMで十分なのかも知れない…

激安…価格破壊を武器にしてきたんだけど、さすがに安いだけで使えなくては売れないっていうのが判ってらっしゃるんだろうか?
にしても、ちょい上乗せ価格でも2万円切って出てくるような気がするし
ひょっとしてChrome OS乗せるオプション付とか…基本タダだし

日本の場合、FireFoxが走って、一応IMEで仮名漢字変換使えて、出来れば1024×600縛りからは離れて欲しいんだけど

解像度はともかく、それなりに使えるバッテリー駆動時間も望めそうだし
Gbe非対応でも無線LANが使えれば別に良いんじゃない?と思うし
ストレージも最小限のSSDとSDカードスロットがあれば事足りるし
そこらへんは初代EeePCのスペックを踏襲してもいいんじゃないかと

希望というか、要望は、安っぽい、たわみまくりのキーボードは勘弁して欲しい
長時間バッテリー駆動のモバイルPCが欲しくても、たわみキーボードでげんなりが続いてる
もしくは、一頃に比べれば安くはなったものの、いぜん10万円こえをして安くなった全部入りノートPCで、持ち運びとトレードオフするかっていう話

考え方というかAcerの進んでる方向性は間違ってない
が、やっぱり、たわみまくりキーボードがネック

VAIOの薄型なんかも悪くないし、Panasonicは超長時間駆動で巻き返しなんだろうけど、やっぱり高いだろと
かなりな性能のデスクトップPCで地デジがHDワイドで見れるだろう液晶が買える値段と、どちらを選ぶんだろうか?と
結局、モバイルPCユーザーをビジネスどまりにしてるのはメーカーで
潜在ニーズを掘り起こしたのにネットブックもどきっていうノリで、今更どうな訳?と

縦600ドット以上あれば液晶の大きさは小さい方がいい
公称10時間以上のバッテリー駆動時間
DVIとかD-subとかは割り切ってなくしてもいい
Webカメラもなくていい
代わりにUSBは最低3ポート
SDカードスロットも必須
HDD搭載でも構わないけどSSD換装が可能なように
素直に最初からメモリは2G乗せておいた方が良いような気がする
※これも換装可能であれば512M乗せておいて安くするってのも手だと思うけど
たわまないキーボード(欲を言うと英語キーボードで出して欲しい)
そりゃ軽くて薄いか小さいかがいいけど…

メモリ512M、6セルバッテリー、新ATOMか低電圧CPUか
16GとかのSSD、もしくは160Gあたりの2.5インチHDD
OSは素直にUbuntuで、Windows用のドライバはダウンロードかCD付
で店頭小売価格5万円!7万円ぢゃんっ、ていう6万円台までは許す

つーのが欲しいんで、出てきてくれないだろうか、と

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。