懲りないAsus 微妙なPineTrail搭載モデルだと思う訳

懲りないAsus 微妙なPineTrail搭載モデルだと思う訳Shift++βAsus Eee PC 1005PE、次世代Atom N450採用で12.5時間駆動

採用のEee PCとして登場するのは Seashell シリーズのEee PC 1005P / 1005PE。 流出した仕様では、10インチ1024 x 600 LEDバックライトディスプレイ、 N450プロセッサ、1GB RAM、160GB – 250GB HDD、10/100 Ethernet、802.11b/g WiFi、OSにWindows 7 Starterといった構成になっています。違いは1005PEが250GB HDD とより大容量の6セルバッテリーを搭載すること。1005PEのバッテリー駆動時間は12.5時間とされています。

1024×600縛り解放ディスプレィじゃないと…
10型で12時間駆動っていうのは魅力的なんだけど
AcerとかHPが縦768ドットとか出してきたら傾きそう…

CULVの方は11型以上、1280×720以上、だけどバッテリー駆動時間は8時間程度が上限

PineView改めPineTrail期待はCPUパフォーマンスじゃなくて、省スペース、省電力って事になりそう
デュアルコアでもクロックは低いし、7のHomePremiumはどう?みたいな感じだし

ディスプレィは広い方がいいけど、ワイドじゃなくても良いんで1024×768とかは欲しい
HDDは何でもイイ。どうせSSDに換装するし
CPUはATOMにこだわる必要は今のところ無い。Pine Trailの優位性は市場に出てから判断すればいいし、CULVの低価格化というか、フルスペックだけど値段据え置きっていうのも間近なような気がするし

趨勢は11型以上、6セルバッテリーで8時間以上駆動、7 Starterインスト、メモリは1Gから2Gへ
WiFiの802.11nと1000Ethernetあたりが乗ってこないのが微妙かも
大量生産出来るし、枯れてるって言う事なんだろうけど

WiFi繋ぎっぱで6時間くらい動いてくれて
縦600ドット縛りから解放
出来れば10.1インチ程度の10型までの大きさ
一応、HD動画がウインドウ内でいいから(フルサイズじゃなくていい)普通に見れる程度の性能
普通にデュアルコアで64bit対応できるようにはしておきたい
英語キーボードオプション
出来れば5万円台くらいまで
っていうのが2010年前半で出たりすると、4台目のネットブック入手って事になるのに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。