遅まきながら龍馬伝がっかりした件

遅まきながら龍馬伝がっかりした件Shift++βキャストも、やっぱりなぁ…という予想通りだったし
何より演出というか、第一話っていう事もあるんだろうけど、詰め込み過ぎの細切れで見苦しかった

ぶっちゃけTVドラマ「仁」のリョーマさんの方がイメージだったし
あんな美形ではないんだけど、愛嬌があるというか、なかなか難しい見てくれではあるんだけど
どう考えても北辰一刀流免許皆伝には向いてないでしょ、ミュージシャンじゃ

「坂の上の雲」が出来が良かったんで、期待したんだけど…
やっぱ小説原作の忠実ドラマ化っていうのがベストじゃないかと思うわけで
脚本家、演出家、各々が主張し合っても面白くはならないんじゃないかと
その上、原作が面白そうじゃないと厳しいだろうと

幼年期、少年期のリョーマさんも実に興味深いわけで
江戸へ旅立つまでの話だけでも一年保ちそうな気がするんだけど

やっぱり「」を越える事は出来ないんだよなぁ、というのを実感してしまった

ただのパシリ説というのがあって
ただの浪人が他藩とはいえ上士とかと台頭に付き合えるはずがないっていうも、判らなくはない
にしても船中八策とかは、いったい誰が起草したんだ?とか
勝海舟が、そこまで買う人物だったってのも事実だし
かの伊藤博文なんかは、パシリ以前のその他大勢だったわけで
大物といったら、強いていうと大久保利通あたりくらいしか残ってなかったし
そういう意味で、閣内にはいなかったんだろうけど、生きてたら、明治も違ってただろうし、当然、昭和、平成の此の世も、ちょっとは違ってたはず
ただのパシリが、そういう影響力を持ってるはずないじゃん、と…

ただのパシリだろうが何だろうが、ヒーローなんだし
誰も見てきたわけではないんで、司馬先生のリョーマさんでいいぢゃん、と

弥太郎の香川さんだけが及第点
この人、何やらせても無難にこなすし
瞬間、無難を通り越すことも、ままあるんで、いい役者さんだと思う
動な役者さん。
本人は、結構、小さい人なんだけど、スケールの大きい人を演じると、何故だか、大きく見えるのが不思議…そこらへんが役者としての非凡さなんだろうなぁ
冷徹な悪役も出来るし、あったかほんわか父さんも出来ちゃうし

一体全体、どこでどうやって撮ってるんだ?みたいな超売れっ子俳優で、ギンギンの役者である弥太郎を向こうに張って、えっ?オレ?みたいな福山君には、無理があるというもの
「仁」のリョーマさんは、青年期は厳しいモノなぁ…江戸時代あたりから配役変更とか…

岡田衣蔵役はむかついちゃったし…彼が悪いわけでは決してないんだけど
若いが故に軽すぎだろ、って

中岡慎太郎は、もっとイイ男だったし
半平太は、今でいう超イケメンだったんだけど…

リョーマさんは別格って事にしちゃうと
「花神」の配役が、見事にはまってたなぁと思ったりして
なんか役者さんが命賭けてる風に演じてたような気がする
吉田松陰役の篠田三郎なんて絶品だったし…彼以上の吉田松陰はないんじゃないかと
今でも若作りして頑張れば高杉晋作は中村雅俊にやらせたいよなぁ、とか

なんで再来年あたりに二度目の「竜馬がゆく」を大河でやって欲しいわけです
花神プラス世に棲む日々で「花神」だったんで、竜馬がゆくプラス花神あたりで維新前夜と維新当日辺りまでを、じっくりと…

あ”
勝海舟、二度目っていうのでもいいんだけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。