iPhone3GS 例のごとく買い揃えたモノ-バッテリー編

iPhone3GS 例のごとく買い揃えたモノ-バッテリー編Shift++β実はiPhone3GSのアクセサリーで持っておくべきものの最も重要、必要なのが補助バッテリーじゃないかと

Wi-Fiを使えばバッテリーの消耗が早いのは解っていたんだけど、3Gパケットでも、結構な消耗をする
未だかつて毎日携帯の受電をした事がなく、まずはバッテリーの保ちというのを気にしていたんだけど、iPhone3GSはそうも言ってられない
毎日どころか、家にいる時は普通にPCに繋ぎっぱなしっていうのが普通なのかも

問題は外出時
ちょいとフラフラっという時でもバッテリーの消耗度を気にしてないと、途端に気もそぞろになってしまう感じ

スリープ状態でも3Gパケットで消耗したりするみたいだし

iPod代わりだけなら、ほぼ1日は保ちそうではある
が、電話として、端末として使うとなると、1日は絶対に保ちそうにない
ちょっとマックで120円コーヒー飲みながらメールチェックっていう程度で、70%台に突入しちゃうし

動画なんかもジャンジャン入っちゃうんで、ついでに動画観たりすると、やっぱりヤバい
小さくともPCって事で、一番電気を食ってるのは液晶じゃないかと

そんなこんなで、ソッコーでスリープになるように出来てるんだけど

バッテリー付きケースっていうのが、ここのところのトレンドのような気がする
なんで薄型バッテリー付きケースってのが一番いいような気がする

iPhone3GS購入時に一緒に買っておいた
結論、外出時の緊急時限定という感じ
装着したまま使えるかと思ったけど、付けてると使いにくい
ちょこっとお出かけ時にはいいかも知れない


エネループでも使えるらしい
バッテリー残量少なくても満タンまでいけるらしい?
リチウムイオン式が人気みたいだけど、外付けバッテリーの充電時間が7時間とかっていうのが気に入らなかったんで


純正ケーブル以外は、結構、相性というかアタリ外れがあるらしい
これはアタリだった
が、ブツにもよるのかも知れない
それとiPhone3GSそのもののブツによるところとか
こつこつ細かいリビジョンアップとかしてそうな気もするし
巻き取りの時、結構な勢いなんでケガしそう


要するに0.1A出力のAC→USBなら何でもいいって事
手持ちのモバイルクルーザーって大昔のACアダプタは0.6Aしかなくて使えなかった
USBジャックが2つというのに深い理由はないんだけど、外付けHDDケースを使うときにも便利かも?という程度
ジャックが1つでも値段変わらないし


超人気商品
発売も遅れたりして…
2010年3月時点で3月上旬入荷予定って事になってる
単3エネループ2本なんで、緊急用なんだけど
エネループ入れ替えて更に充電しちゃえば満タンってのも出来るかなぁ?とか




厚さわずか18mm。iPhone補助バッテリー付きプロテクトケース! MiLi Power Skin for iPhone 3G/3GS
2010年3月1日時点でホワイト・ブラックともに売り切れ
発売が2/25だったんだけど、速攻でしたな
某サンワでも出してるスタンドにもなるバッテリーケースも売ってた
この薄型もOEM?海外ブランドで同じのがあったし
ケース込みってのがミソで、補助バッテリー付きというより、ちょっと大きめのケースという使い方が出来そう
当然iPhone3GSの操作に違和感は殆どない

ケース派な人は、素直にケース一体型の薄型バッテリーケースっていうのをオススメしておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。