ハードシェル派にケース一体型バッテリー

ハードシェル派にケース一体型バッテリーShift++βMiLi Power Skin for iPhone 3G/3GS ¥7,980
既に売り切れちゃってますが…

3G用のだと、ほぼ同じスペックのでありますけど、3GSで装着できるんだろうか?
ハードケースの場合、微妙ですわな。
シリコンケースなら問題なさそうだけど

と思ったら、3G用って事になってるけど、3Gも3GSもサイズは同じなんで(重さが違うだけ)たぶん、コレ使えそうですな
値段的にも、ほぼ一緒。Apple公認も一緒。OEMかな…



1200mAって本体内蔵バッテリーのどれくらいなんだろう?
一番大容量ので、最近出たばかりの一体型2000mAってのがあったけど

類似商品は、大体が同じようなもんで、miniUSBコネクタから給電、Sync可能って事
因みに付属ケーブルじゃなくても問題なく充電出来ました
あの、うっとぉしいケーブルを使わなくてもいいというだけでもポイント高いですな

充電中はブルーLEDが点滅します。
LEDは4つあって、4つめのLEDが点灯しっぱなしになったら充電完了みたい
本体装着前に単独で充電してみました(本体も充電してたから、なんだけど)
因みに初充電で4つめ点滅でした
ざっと30分くらいで満タンになったみたい
フルだと、やっぱりそこそこ時間かかりそう…取説にも充電時間とか一切書いてなった
本体→外部バッテリーの順番で充電する、みたいな事は書いてあったけど

ケース上部が軽く外れるんで、そこから下へ入れるだけ。
Dockジャックにも軽く入っちゃうし
ただ、このケース取り外し部、がっちりはまってるわけではなく、割と簡単に取れちゃうんで
たぶん、落としたりすると、ぶっ飛ぶでしょう

上からスポッとはめるだけ

カメラレンズの干渉もなさそう
なんだけど…
スリープボタン、やっぱり押しにくい
構造的に、きっちり填めておきたかったんでしょうな、やっぱり
イアホンジャックまでガバっと開いてると良かったんだけど、穴があいてるだけでした

薄いのは薄いんだけど、やっぱり重さはずっしりきます
厚みは逆に持ちやすくなったような気がするかな?と
元々、iPhone3GSって薄すぎると思うんで

下部が若干長くなったわけですが、操作には全く影響しません
ハードシェルの優位点そのままタッチパネルの端、剥き出しだし

Dockジャックで固定もされてるし、ぴったりはまってるっていう感じで、微動だにしないし
強いていうと、重さなんですけど、たぶん、慣れちゃったら分からなくなるでしょうし
逆に外して持ったら軽すぎて頼りなく感じるかも
買ってきてすぐの感触…軽っ!薄っ!だったんで、それを思い出せるかも

外付けバッテリー付けながら操作ってのは、一体型でないと厳しいし
結局、補助バッテリーのお世話には、ほぼ必ずなると言ってもいいんで
緊急補助バッテリーとしては乾電池から充電
普段は一体型っていうのがベストじゃないかと思うわけです

たぶん、同じブツがOEMで出てくるんじゃないかな、と思うけど
瞬殺だったもんなぁ...ひょっとしてラス1ゲット出来たラッキーな人なのかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。