iPad雑感 2日間のフライングアドバンスの後

iPad雑感 2日間のフライングアドバンスの後Shift++βフライングゲットを解禁しときましょう…

AppleWirelessKeyboard(JIS)
5/26陽も長くなった夕方4時頃。ヤマトの不在票がドアに挟まってました。
amazonの当日配送便、いつもは夜便なのに早かったなぁと思いつつ
問い合わせ番号はamazonのとは違ってたんし、荷主がアップルストア…
その時は、ブツもApple Wireless Keyboardだったんで、あり得る話だと。
よくよく考えたら、んな事ぁない、って話なんだけど…
問い合わせ番号もamazonのと違ってたんだけど、不在票のための番号かなとか思いつつ、Webで再配達依頼。

で、届いたのは2個口!?
一つはamazonの箱で、もう一つが…AppleStoreからの荷物!

ぢゃぢゃぁ~ん

2日間も早いフライング誤配って、まぢかよっ!と周章狼狽の夜に突入したわけです。
送り状には発送日指定5/27と書いてあるし、送り元は例のADSC営業所
きっちりアクセも入ってました。
本体ご本尊は別に小さな段ボールに入って鎮座されておりました。
アクセはプチプチに包まれてただけ…


REUDO RBK-2000BTⅡ

フライングアドバンスの間、ぽつぽつ使ってて気がついた、しょーもないTips
■焦らずアクチ
多分、iPad専用アプリも入れたい所。iPhoneアプリもiTunesに入ってたりするんでしょうし、当然MP3とか動画なんかも移す事になりますが
ここは落ち着いて、取りあえずアプリだけの同期にしとく事をオススメしときます。
唯一の欠点と言えば欠点でしょうか。同期は時間がかかりますんで。
MP3とか動画は後からのんびり同期すればよろしい。
アプリも専用アプリと共通アプリは別に認識するので、アプリ同期の際にチェック外しておくと便利。
iPhone共通アプリは、その内、使わなくなります。多分。
同じアイコンが並んでたりすると訳が解りませんが、共通アプリと専用アプリ共に同期でコピーされるのです。
GoodReaderとか…

■シンクはUSB(B)ケーブルならサードパーティで大丈夫

■AC充電器は純正のが一番!

USB二穴ACアダプタだと出力が0.5Aしかないものが一般なので、壊れるそうです。
二穴のでも高出力のモノがありますし、四穴のを持ってますが、最大出力2Aでしたから、大丈夫そう。
iPhoneと同時充電は、とにかく避けた方がよいです。
純正ACアダプタはMax2.1Aで、多分、最強。

■保護フィルム、ヘラで気泡抜きは優しく
あんまりゴシゴシやると、いきなりフィルムに傷が付きます。
優しく、適度に圧をかけて押し出す事。
角度によっては目立ってしまう引っ掻き傷が見事に付きます。
電源入れれば画面の真ん中でも目立たないんですけど、黒縁の所だと角度によっては目立ちます。

■Camera Connection Kitは買っとくべし!
おもちゃというかガチャガチャみたいな…SDカード、USB経由での画像取り込みに使うのですが、カメラなしのiPadには必需品でしょう。
WiFi経由での転送も可能ですが、コードレスという以外のメリットは余りないし、USBKeyboardが使えたりするという話なので、買っておいても損はしないと思います。
これまた、なんだこりゃ?というくらいの光速で取り込みます。
読み出しも相当早いです。
画像ファイル以外、ストレージを繋げたりってのも脱獄すると出来るみたいです。

■ソフトウェアキーボード結構使える
個人差はあるんでしょうけど、長文も慣れちゃえば何とかなりそうかなぁ、と。
とにかくタッチパネルの感度がメチャメチャいいんで、ホームポジションに手を置いてなんて事は出来ません。
そういう意味で、疲れるかも知れないって話なんでしょう。
両手10本の指を駆使してのブラインドタッチは素直に諦めて、ぽつぽつっと打つ分には快適。
慣れればブランインドタッチもどきも出来るようになります。
素直にBluetoothKeyboardを使えばいいって話ではありますが。
蛇足ながら、極めて簡単に接続、使い出せます。Win+スペースキーで日本語Keyboard切り替え。

■純正ケースの賛否両論
値段が一丁前のくせに作りというか素材がチョロい…
入れにくい、出しづらい
傾斜ギミックが秀逸
純正リンゴマーク付きだしハズレなしの鉄板
縦方向にも傾斜が付けられると良かったのにと。
縦方向でのソフトウェアキーボードも人差し指ぽつぽつ打ちでTwitterなんかは十分なんで。
Camera Connection KitをDocに差すのに、ケースの穴がずれてると差しにくくなりますので、これでもかっ!というくらい押し込んでおくといいです。
Doc端子の穴、端子の両端が均等に開いてるくらいまで、ギュウギュウ押し込むべし。
iPhoneと違って、ボリュームボタン、レジュウムボタンは、そこそこの大きさがあるんで、押しにくいという事もないです。

■iTunes同期
アプリは母艦でダウンロード、同期で移すっていう向きへ
アイコンを整理してても、同期一発でグチャグチャにされます。
iPhoneと併用してるとアプリそのものの整理は出来ないので、iPadとiPhoneとアプリ同期のチェックを外すなりをしとくと、少しはマシかも。
素直に諦めてiTunesでのアイコンの並び替えとかはせずに、もっぱらiPad本体で並び替えました。
MP3はiPhone併用してるのであれば移す事もないかとは思いますが。
これが一番時間がかかりますんで。
動画は、画面サイズ縦600~720ドットくらいにしとくとiPadの方でリサイズして綺麗に見れます。iPhone用エンコ、サイズのままだと、見れなくはないですが、3Gアニメとかは厳しいかも。録画してたTVドラマ程度なら、iPhone用サイズ、いわゆるワンセグサイズでもいいかも、という感じです。
デスクトップPCで観るより綺麗な感じがするし、動画視聴は手間はかかるけどiPadで、となりそうです。

■Safariは秀逸
光速起動、WiFiってナンボ出てるんじゃ?みたいな速さです。
Win7Professional64bit、クアッドコア3GhzにGbps有線LANでChromeといい勝負、というか、ちょっと速いような気がします。
アドオンとか乗ってない素のままっていうのもあるんでしょう。
惜しむらくは通常のSafariではない?Webアプリが使えませんでした。ドライバプラグインを使うようなのは無理そうです。
ブログはWordPressアプリを使わずともWeb上で一通りの事は出来そうです。
端末情報からか、携帯もしくはiPhone向け画面になる事がありますが、スタンダードで十分見れるし、そのままのサイズでClickも出来ます。
タブの切り替えも早いし、鬼門のフラッシュさえ避けてれば最強ブラウザじゃないかと。

■USB-ACアダプタ
ACアダプタとUSBケーブルは本体添付一式そのままが入ってました。
ACコンセント→二穴の電源ケーブルのみでも良かったんじゃないかと。
ACコンセント端子の部分を外して、二穴端子を出してから繋ぐわけですが、延長コードとしても使えるんで、まぁ、便利かと。
マイナーなアクセではありますが、充電のみフルにという向きには便利じゃないかと。

■最後に軽くインプレ
開封の儀なんて悠長な事はやってられず、周章狼狽のままでした。
3度の充電の後(ACアダプタのテストとかも兼ねてで、バッテリーは50%を切ってませんでした)落ち着いて使ってみたのですが。

最初の興奮は一瞬で醒めました。
こんなもんなの?というあっさり起動(当たり前)さくさくっとアプリも起動。
当たり前のようにソフトウェアキーボードが登場して、いきなりSafariからTwitter公式HPで「つぶやく」
Twitter公式HPも端末情報からiPhone向け画面になりますが、スタンダードに戻した方が使いやすいです。
レジューム復帰のスライドから、長く見積もっても1分ちょいくらいで、つぶやけるのです。
それって凄くね?と気がつくのは、前のめりで肩が凝ったくらいの時間が経ってから。
なるほど、これはデカいiPhoneというのも間違いではない、と。
デカくなったiPhoneを想像するに、こんなもんだったっけ?というより、予想以上に使いやすいというか、画面が大きいだけでこんなに違うモノなのかと。
処理速度も、体感では少し速くなってる気がしますが、とにかく当たり前のようにスイスイ動くので、すぐに慣れてしまうのです。
同期を終えて何時間かiPadに夢中になって、デスクトップPC放置状態。
教育向け、中高年から老齢の方へのパソコンのアプローチにはうってつけなのは間違いないでしょう。何をしたらいいのか判らなくなるブラックボックスから、何でも載せられる便利な「板」になったのですから。

結局、取りあえずはiPhoneでやってた事を、まんま引き継ぐわけですが、同じ事なら断然性能が上の筈のデスクトップPCでやろうという気にはならなくなります。
いくら起動が速くなったと言ってもiPadのスピードに比べたら軽自動車とポルシェくらいの差。
水冷二気筒250ccエンジンを載せちゃったヤバいカブ…みたいな
なんでも当たり前にすいすい動かせちゃうんで、待ち焦がれてた割に感動が薄いのではないかと思うのです。
で、ふと気がつくと、何だコレ?とiPhoneに、ちょっとだけ幻滅したり
図体ばっかデカくて、トロいなぁ、とデスクトップPCに毒づいたり

多分、歴史は動いたんでしょう。
After 「iPad以降」とBefore 「iPad以前」な、A.iとB.iなんて事になるんじゃないかとも考えてしまうわけです。
新デバイスと言っちゃえばそれまでなんですけど、インプットを新しいUIに置き換えて、なおかつ、総合的に使いやすくチューンした、従来のPCとは違ったコンピュータなんだと。

実感出来るのは、そうですねぇ、丸々二日間も経った頃、あれ?と気がつく事でしょう。
デカくなったiPhoneは、忘れると困る「電脳パンツ」ではなく「電脳ジャケット」?まぁ、下着のパンツだけじゃなく、上半身向けのTシャツとか、下着全部揃えてる感じって事です。
着て無くても、まぁ死んでしまう事はないけど、何だか風通しが良くて気持ち悪いっていう。
女性の例えでズバリ、ブラとパンティーなしでキャミとミニスカートで外出しますか?って話みたいなもんです。
野郎なら逆に白のブリーフにランニングを着て、何故か靴下と革靴を履いて出かけるみたいな。

この「当たり前」感を、いとも簡単に、難しいセットアップなしで、経費対効果を考えたら抜群にコストパフォーマンス良く、さらっと(でもないか)醸し出せるのは、今のところ、iPadだけなのです。
なかなか、直ぐに使い出せる簡単なパソコンというのはなかったし、真の意味での「パーソナルコンピュータ」なのかも知れません。
彼は嫌がるでしょう、多分。
「パーソナルコンピュータだって?PCでもコンピュータでもないのさ。新しい、別のデバイスなんだよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。