結局開けてみた~INWIN-BK623+AINEX-HDM10

結局開けてみた~INWIN-BK623+AINEX-HDM10Shift++β


スリムドライブの共振はAINEX-HDM10をベイに取り付ける際にポリカワッシャーをかませてOK
USBも接続不良なだけだったみたいで、押し込んだら認識したし

なんだが
コツン、コツン、と一定間隔で小さいけど異音発生

ケースを開けては締めを繰り返し、配線を軽くグダグダながら纏めてたんで電源ファンかCPUクーラーのファンにケーブルが当たってる風?
 一応、可動部にケーブルが触れないようにしただけで、これも解消した。
ファンにしては間隔が長すぎるしなぁ?と、ちょっと釈然としなかったけど

AINEX-HDM10っての超便利
5インチベイ用スリムドライブ&HDD変換マウンタ
スリムドライブと2.5″か3.5″のドライブを固定できる
MicroATX用ケースとかだとベイが少ないので重宝するんじゃないかと
スリムドライブ取り付け用の極小ネジも付いてくるし
4カ所留めも出来るし(今までだと2カ所留めとかしか出来なかったりしてたんで)

フロントパネルのUSBが使えるようになってAsRockマザーのユーティリティ「XFast USB」というのが使えたんだけど
なんだか、読み出しは異常に速くなってるような気がしなくもない
書き込みは何ともいえないけど、基本、ほとんどUSBメモリとかに書き込む事って余りないんで
元から、そこそこ速かったUSBメモリからフォントを読み出してみたんだけど、前と比べると、終わったの?いつ?くらい速かったし
iPhoneも認識するまでは、それなりに待たされたけど、画像の取り出しは、やっぱり終わったの?いつ?くらい速かった

なかなかどうして静音・小型・性能よしという感じで、まずは満足の久々Intel入ってる自作PCでした 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。