BootCampは改造前にやっとけの巻

BootCampは改造前にやっとけの巻Shift++β

Windows7 Pro 64bit on BootCampでアップロードしてるわけなんだが

MacBayを取り外し光学ドライブに戻してから、既にインストしていたOS Xでも起動を確認。光学ドライブの認識も確認。
BootCampのパーティションを弄ってしまってたのもあり、何度目かのOS Xクリーンインストール。
iLifeは、ひとまず置いておいて、いきなりBootCampってみる。
Win7って事もあり、OS Xを40GB、Win7で80GBっていうパーティション構成にしてみる。

あっさりWin7Pro64Bitインスト成功。
最後のリセットも、あっけなかった。
こんなもんだったよなぁ、という小一時間。

MacBookProのシステムディスクからBootCamp起動(Win7上で)ドライバのインストール。
Win7クリーンインスト後、ネットワークは直ぐに使えてた。
デフォでWin7が立ち上がるようで、結局、HotFixアップデートまで終わらせた。クリーンインストより時間がかかった。

Win7からのBootCampリセットOS Xで再起動を確認後、シャットダウン
光学ドライブをMacBayに戻して、改めて起動。
今度はOS Xがデフォで起動するようになってた。Win7起動のときには、電源スイッチを入れてから林檎マークが出る寸前までにOptionキーを押してると起動パーティションが表示されるので、そいつで選んでやればいいっぽい。
MacBayのHDDの認識も出来たんだけど、あらかじめ作っておいたOS X拡張ジャーナルったらパーティションが、Win7からしか認識しなくなった。

なぜか、OS XからでもWin7でフォーマットしたパーティションは認識できてるっぽいんだが。

iLifeを外付け光学ドライブからインストしてみようという、今ココ

Core2Duoって事もあり、最初はXPを入れようと考えてたんだが、どうもXPのサポートはしてないらしく、色々と難もあり
素直にWin7を入れてみたんだけど、デスクトップのCore i-2500Kマシンと遜色ない快適さ
デスクトップの方は直ぐ省電力モードになってしまうらしく1.6Ghzクアッド動作なんで、当たり前といえば当たり前か。

僅かに起動時間がデスクトップに比べると遅いけど、もっさり感は全くない。
むしろSSDの恩恵を受けてるのはWin7の方じゃないかと
OS XはブートもHDDの頃と変わらない印象(多少は速くなってると思われ)
ソフトの起動も慣れてしまえば何ていうことのない速さ、なんていう贅沢な話ではあるんだが

MacBay+SSD換装ってのを考え中のMacBookProユーザーの方がいらっしゃったら、HDDバックアップ、SSDにレストア
素直にSSDにクリーンインストの方がいいような気もするけど
BootCampでWindowsをインストし終えるまで光学ドライブの換装は待った方がいいって事。

HDDとSSDの換装は比較的簡単だし、MacBayに換装も一度やっつければ、ネジの取り外し順とコネクタの取り外しくらいで、取り付けそのものは簡単に出来てしまうし

 終えてしまえば、なんだかなぁという話でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。