青少年インターネット規制法案って何っ!?

青少年インターネット規制法案って何っ!?Shift++β「青少年インターネット規制法案」が成立すると、日本のネットは完全に死ぬ – GIGAZINE
死ぬだろうなぁ、こんな法案通ったら。じっくりとじゃなく、ソッコーで逝きそうな気がする。

JASRACに独占禁止法違反の疑い、公正取引委員会が午前中から立ち入り検査中 – GIGAZINE
っていう、ちょっと明るめのニュースもあったのに、ヲイヲイって感じだった。独禁法ってのが、ちとなんだが…

一応、大手からは自主規制するぜっていう宣言と、意見書が提示されたらしい。他にも識者から、どうな訳?っていう意見もあるし。こういう悪法というか、何でもあり法律が通るとは思わないけど、結構、通っちゃうのも日本っていう国だったりするんで、ちと心配ではある。
交通事故で人が死ぬんで、自家用車は申告して走ってください。申告のない場合は、調査の上、独断で車を没収しちゃいますぜ、っていう法律じゃないかと。
ネットの流通は止められないだろうし、日本だけ、そういうアホな事を言ってるような気がして、またもや、悪しきジャパンナイズかよ、と。

そもそも、青少年諸君が誰しもエロサイト、出会い系、犯罪系をガンガン見ているとは思えず、見たとしても、その内の何割かが信じてしまうんだろうけど、大多数は、へへんっていう感じのような気がする。
個人的にも、過去、エロサイトからの架空請求詐欺(いわゆる一つのワンクリックの初期)葉書を頂いたり、メールを頂戴したこともある。因みに、青少年そのものの息子もドキドキしたらしいんだが、きちんと頂いてる。

ヤバいけど見れちゃうモノに蓋をするっていうのが、どうも本末転倒のような気がするし、そもそも、この法案自体が、記事を読む限り、何でもアリ法案で、割れ鍋に蓋っていう感じ…ちと違うか、鍋そのものをブチ壊してみるかぃ?みたいな。
見せないようにするっていう「指導」の方が先決なような気がするし、見たとしても、どうな訳?って青少年諸君は思うと信じたいんだが。

何がヤバくて、何がそこそこなのか、っていう線引き以前に、「情報」ってひとっ括りにされがちなんだけど、目に見えるモノ、ほぼ全てがネットで手に入ってしまう、今という時代に、ネットの流通ってのを妨げるのはどうかと思う。何にしても、だ。
P2P(いわゆる共有ってやつ)にしても、落とす奴は落とすんだろうし、流す奴は根性で流し続ける。それでも、ちゃんと映画とか音楽CDは、ちゃんと売り 上げてるし、アホな奴がウィルスに引っかかって流出っていうだけで、規制!っていうのも、どうなんだろう?と思うことしきり。
根源を絶ちきるっていうのは判るんだけど、P2Pをやって、ウィルス混入に気がつかないユーザーの「悪」を正す「指導」の方が先じゃないんだろうか?と。

会社で、多分、スパイウェア感染で、メールアドレスを全部読み取られて、スパムの嵐を受けたことがあるんだけど、そこらへんからHTMLメールは断絶、OutLookExpressを使うのも止めた事がある。
要は、そういう事なんじゃないかと思う。
この青少年諸君に見せたくないサイトってのが何で、どう悪いのかってのも不明瞭なまま、そういうサイトを、とりあえず潰す努力もなしに(潰すための規制な んだろうけど)根源どころか、日本におけるネット情報、コミュニケーションそのものを根絶させちゃうような気がするわけだ。
まぁ、だからこそ、大手ブロバイダの自主規制宣言とかもあったんだろうけど、ネットユーザーの声を無視して、はてさてどうなる事やら…
■バカなネット規制を推進する議員は落とすべき時に来ている
選挙区が違うんだよなぁ、残念ながら…選挙区のネットユーザーの良識を信じたい。忘れずに…法案が通ろうが通るまいが、同じ事を繰り返すような気がするし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。