省電力よか低熱対策

省電力よか低熱対策Shift++βApple、iPodなどの消費電力を低減へ – GIGAZINE
iPodが爆発とかって一時ちらっとニュースにもなったんだけど、どういう使い方をしたらそんな事になるのやらと思っていたんだが。
どっちかっていうと、バッテリー駆動時間を延ばすっていう、とってもユーザーよりの「企業努力」は、さすがAppleと思ってしまう(因みにWindowsユーザー、一応iPodは持ってるけど)

個人的には、第2世代EeePCはパスして、ATOM搭載待ちなのも、しつこくAMDのCPUを使い続けているのも、消費電力と発熱対策だったりする。

第2世代EeePCは、初代のCPUとチップセットで、画面とディスク容量を増やしただけ。まぁ、それだけでも、凄い進化ではあるし、爆発的に売れたんで、当たり前と言えば当たり前なんだろう。
にしても、モバイルのネットPCとしては、バッテリー駆動時間が2時間程度では、心許ないというか、しんどい。最低最悪でも普通に4時間、出来れば6時間程度は動いていて欲しいわけで、ATOM搭載で、そこらへんがクリア出来るんじゃないかと淡い期待を抱いているわけ。

Athlon64X2BE-2400っていうのを使ってるんだが、TDP45Wの省エネCPUで、こいつが、とっても低発熱。
その前がTDP125Wだかの6000+とかだったんで、CPU温度というのを余り気にしなくなった。なんてったって、冬場はCPUファンが止まって、BIOSエラーになったくらい…今のところハーフスピードで回ってるんだが、それでも40度を越えたことはなかったりする。
夏場は、多分、ケースファンとCPUファンを強制的にフルスピードで回してって事になるんだろうけど、不安はないのが救い。静音化へ突き進めばいいだけなんだし。

というわけで、エコって事は、消費電力低減化、省電力化って事になるんで、一石二鳥なんじゃないかと。
ぶっちゃけ、CPUの体感を、あくまでも個人的に言わせて貰うと、vistaを使ってても、全然変わらなかった事を言い添えておく。
EeePCもクロックを下げて動作させているらしいのだが、XPを使っている限りで、不具合はなかった。むしろ動画再生の時のファンの音の方が不快だったりしたし。

AppleもAirでインテルに別注CPUを仕立てさせたくらいだから、そういう技術的に可能なユーザーフレンドリーで、尚かつ、エコ的な(万人受けしそうな)ポイントはきっちりおさえてくるよなぁ、と。
さすが、と改めて言わせて頂こう。ント、さすがだよなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。