ハンディGPSとiPhoneとでマップなホムペを作ってみる

ハンディGPSとiPhoneとでマップなホムペを作ってみるShift++βGoogle Maps
GPSのログありきではあるんだけど
適当にログをMap上に引いちゃって、それにデジカメ画像を関連づけちゃうっていうのも出来そうな…?

なので、必要なモノはGPSのログデータ(GPXっていう拡張子のモノ)
デジカメで撮った写真(日時がexifで記録されてれば何でもOK)iPhone推奨でexifに位置情報も入れられるから
そして、秀逸ソフトGPSデータ視覚化ツール t2g
一応、 API Key も取得しといた方が良いけど、t2g内で取得ダイアログも出てくるんで

Google Maps にウェイポイントやトラックログを表示しつつ、写真を関連づけさせて、まとめて見れるようにする、なぁんて事が出来ちゃう


携帯GPSからトラックログとかウェイポイントが生成出来るかどうかは知らないんだけど
出来るんだとしたら、iPhoneとかだと、まとめてデータをPCに転送して、一気にホムペ完成しちゃうって話

まぁ素直にハンディGPSでトラックログを取るのが一番だとは思うんだけど

ウェイポイント生成もGoogle Maps上で出来ちゃったりするんで、最近はカシミール3Dの出番もなくなっちゃった
ウェイポイントを繋げてルートを作る時には、まだ必要だけど、カシミール3D

正確な位置情報を、正確な地図上でということならGoogle Mapsが一番手っ取り早いし

iPhoneとかからでもAPI使ってポイントやトラックが生成出来たりすると便利なんだけど、フルブラウザで表示させてやれば出来ない事はないんだが、画面が小さいんで少々厳しいか…

撮影場所というか、野営地とか、食べ物を撮影した時なんかのログは取っておいた方がいいもの

キャンプ場、うまかった丼を食べたところ、快走ルートなんてのを思い出すキッカケに

eTrex Legend HCx日本版 ¥49200(税・送料込み)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。