バカっ速SSDのススメ

バカっ速SSDのススメShift++β何だそりゃって速さを体感すべき!
インストもリブートも、とにかく速いの一言

AS510S3-120GM-C (2.5″ 120GB SATAⅢ MLC)

スペックでは550MB/Sとうたってるけど、実際どうなの?ってベンチ見ても微妙
Intelの速いとされてたSSDから換装したのは容量と高速MLC、ファームウェアが今時のでプチフリとか聞かなくなって久しいんだが

チップセットとドライバがSATAⅢっていうのも貢献してるんだろうけど
IntelのSSDと比べても体感的に速くなったなぁと感じられた

インストというかドライバの読み込み、ネット回線に読み込みも書き込みも追いつかない状態?がままあった
リセットも目を離した隙に終わってたり…再起動したの?みたいな

起動直後はそうでもないけど、スリープからの復帰とかリブート後のWin7のマークが集まるアニメは終わる前にスクリーンが切り替わるし

ちらっと人様のノーパソ弄ったけど、HDDが遅いのではなく、SSDが速すぎなのだと
HDDブートのタイミングだとSSDに慣れてしまうと遅く感じてしまう体に変わってしまったのだと
進化といっていいんだろうか?みたいな

Win7も64bit版だと、32bit版に比べて少し容量を食うし、32GBとかでも入らなくはないのだけれど、SP1だのアプデだのを入れると、テクを使わないと直ぐに一杯になってしまうし
2ndドライブで大容量HDD必須だけど、これまたWin7下なら3Tとかが使えるので、ブートドライブには、ちょっとお金かけてでも高速SSDにすべきだと

エクスペリエンスでCore i-7 2600Kを抜いてブートドライブのSSDが一番ハイスコアでしたとさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。