Mac自分で特盛〜安くなったなぁの巻

Mac自分で特盛〜安くなったなぁの巻Shift++βこの Mac について

何気にminiの改造録まとめを書くのに、Evernoteでクリップしてたショップのホムペを見たら

PSD316G1333SK 204Pin S O DIMM DDR3 1333 16GB 8GBx2枚組 KIT  Patriot PSD316G1333SK 秋葉原アーク ark ※2011/11/19現在

16GBキットが週末を挟んで売り切れ在庫無しから2万円切って出てた…
多分、探せば普通に2万円弱で16GBキットは買えちゃう風
デスクトップ用のSIMMなら前から2万円切ってたけど(´Д` )

まぁ夢の32GB載せってのは現実的ではないのかもなぁと思いつつ
ほんの何年か前でも出来合だと1GBとかしか乗ってなかった訳で
恐ろしいほどの需要と供給のバランスがリアルタイムで刻々と変わって行ってるんだなぁと

SSDもメーカー、ブランドを問わなければ120GBクラスは1万円台全般で買えるし
256GBクラスも3万円切って買えちゃうんだろう
MLCなのに恐ろしく高速なヤツが、だ

miniの場合、HDDからSSDに換装する意味は余りないと言ってたけど
HDD高騰、ちょっとだけ下落したけど、例の洪水前に戻るのは年明け?っていうタイミングだと
やっぱりSSDに換装ってのはアリかもしれないなぁとmini本体もあれよあれよという間に¥58000を切ってるし

光学ドライブベイをドライブベイに出来なくとも?
MBPのHDDをSSDに換装、Memoryを換装・増設してクラムシェルモードで使うってので
コスパはminiより良いような気もするし
C2Dモデルを持ってるんだけど、それでも買い換えなかったのは
Lionの出来の良さで、しばらくは普通に使えるなぁと思ったから

初期投資としてはコスパはWinPCより悪いかも知れない…
事実、Win自作なら10万円切って液晶まで付けてのmiddleレベルが組めるし
出来合ショップPCでもいいだろうし
拡張性は言うもがな、っていう何でもありな訳なんだが
如何せん、モチベーションが上がらないのは何故なんだろう?と

ゲイツというかMSのビジネスライクな何でも画一して上位下位互換徹底ってのも
クリエーターには受けないっていう所なんだろうか?とか

Appleは拒むところは徹底して拒みきって(FLASHは要因の一つではあると思うけど)
データファイルを持ち出す事すら安易にさせてくれないし

フォトストリームは便利なんだけど、Winだと直で元のjpgファイルにアクセス出来るのに
MacだとiPhoto経由で読み込まないと別名保存すら出来ない?
仕方がないのでParallelsのWin7でもiCloudのコンパネ入れてって
本末転倒な話…

IntelチップなマザーならLionインスト出来ちゃったりすると面白いんだけど
Hackintoshって、スノレパの頃にあったんだけど
Lionでも出来たりするのかなぁ?とか

思ったよりLinuxが一般受けしないまま移行しちゃったんで
Winが頑張ってるってのもあるんだけど
正直、7のファイルシステムというかDLL、DOMの括り方は納得いってない訳で
そんなんだったら訳は判らないんだけど気持ちいいOSペケでもいいのかもなぁと
仮想化ソフトで太っ腹なとこを見せてくれてるしっていうので
自己満足なだけのサブ機の筈がメインになろうとしているし

やっぱり結果的には自己満足以外の何者でもないにしろ
自分で特盛改造ってのは正解だったのかも知れないと
自己陶酔モード(´Д` )



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。