Mac mini 改造〜まとめみたいな

改造〜まとめみたいなShift++βmid2011モデルに関していうと、メモリの増設だけでメインに使えるというのが結論

それだけLionの完成度が高いのかも知れないけど
SSDに換装したとしてもBootのタイムラグはWinより感じなかったし
立ち上がってしまえばHDDブートでもSSDブートでも関係ないっていう感じだった

仮想化ソフトを入れてWinを使うかどうかは別にしたとしてもメモリは換装・増設するべき
ストレージに比べてコストパフォーマンスは絶大だと思う
普通に4GB×2枚組みキットが¥3000位で買えてしまうし※2011/11現在

メモリ8GB+ストレージ500GBもあれば大抵の事は出来てしまうはずで
強いていうと光学ドライブがないという位

初PCが初Macでminiという人はあまりいないかも知れないけど
純正キーボードとTrackPad、液晶ディスプレイ、外付け光学ドライブを揃えれば
メモリ換装しただけで必要十分なPCになるという完成度は相当高い気がする
それでも、どうしても自己満足に浸りたいのであれば
サーバーモデルかMC816J/Aを改造するっていう事になる訳なんだが…

【用意するモノ】
メモリモジュール 4GB×2枚組みキット S.O.DIM DDR3-10600 PC3-1333
 最低128GBのモノが良いかと SATAⅢ 9.5mm厚以下のモノが好ましい
 7200RPM 500GB以上 SATAⅢでないと換装する意味が余りない
トルクスドライバ T-6、T-8が分解に必要
外付けHDDケース 内蔵HDD換装したとき、SSDに換装するときにあると便利
USBメモリ リカバリーメディア作成のため、8GBのモノを用意しておく

気合いと冷静さ、時間と作業スペース、出来ればサブ機にノーパソかiPadがあると便利

【作業手順】
メモリのみ換装・増設
いきなり開封、開腹してメモリを外して、装着し直すだけ
添付のマニュアルにも換装手順が書いてある

HDDからSSDに換装
これまた手っ取り早く開腹しちゃう。
HDDのバックアップは後からでも出来るし、ネットからOS再インストも可
安全策をとるのであればHDDブートしてからリカバリー領域ブート
※Option押しながら電源オン
USBメディアにリカバリー領域復元しておくと後々便利

ファンを取り外す
ストレージのコネクタを取り外す
ストレージを取り外す
インターフェイス・固定ネジを取り外して、換装するストレージに取り付ける
押し込み、装着
ブートで認識してればネット経由でOS再インスト
又はUSBリカバリーメディアからブート、復元でOS再インスト
取り外したHDDは外付けケースに入れて、ディスクツールで全フォーマットしとく事

2台目増設
、MC815J/Aの場合は増設キットを購入しないと増設出来ない
Serverモデルなら分解して換装可

1台目の換装分解手順から
ロジックボードの取り外し※無理に思いっきり引っ張り出すとコネクタ壊すので注意
電源ユニットの取り外し
増設キットで2台目ストレージのベイ取り付け
逆順に組み立て

※ロジックボードの取り外しはくれぐれも慎重に…
※HDDは割とすんなり入るけど、SSDは入れにくい(ケースを取っ払っても平気?)
※組み立て終えたらネジが余ってたなんて事がないように(経験者)
※思いの外ストレージのコネクタが刺さりにくかった(自分だけ?)

光学ドライブを思い切って取っ外したのは正解だったと思うんだけど
確かに別にデスクトップとかで光学ドライブ持ってないと辛いかも知れない
が、わざわざ外付けドライブを買い足してまでは使わないような気もする
リビングPCとしてターミナルに使えば家電ドライブも使えない事はないし…

敷居が高そうで(iMacならオールインワン)実は弄れればWinPCからの周辺機器流用も出来るし
廃人一歩手前みたいな自作erに人気があるのは、弄り甲斐があるから?
Macというか林檎病にかかるにはMacBookProでもいいとは思うけど
シェルクラムモードでminiと変わらない、ほぼオールインワンでデスクトップでも使えるし

ただ、ノーパソではない、弁当箱の小さな筐体が美しいし、そそられるのも確か
光学ドライブレスになって、一層美しさが増したような気がする
まぁ、自己満足とはいえ、物言わぬたかがパソコンなんだけど、愛着がわくのも事実


Mac Mini Mid 2011用 HDD/SSD増設キット ¥6300



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。