JavaScriptが熱いんでサンデープログラマ復活してみようと思った件

JavaScriptが熱いんでサンデープログラマ復活してみようと思った件Shift++β

iOSアプリもjQueryとPhoneGapだのTitaniumだのを使うとネィティブアプリみたいに書けるのと
CもC++もC#も挫折して、Rubyもイマイチ訳判らないんだけど
オブジェクト指向言語としてはコピペでも使ったことがあるし
エディタとブラウザがあれば書けちゃうっていう気軽さ…

一番はiOSアプリに限らずHTML5+CSS3+JavaScriptで電子書籍アプリも作れるらしいって事

JAVAが衰退?して、Object-Cは難解だし
WebアプリもChromeOSなんてのが出てくるし
それでいてネイティブ・アプリと遜色ないったら、やるっきゃないでしょ…(´Д` )

型から入る向きなんでAmazonポチリ大会をしてしまった訳なんだが
素直にDeveloperエントリしてアプリ公開なんざ楽勝で出来ちゃうくらいの先行投資
というのも、開発途中でブレイクしちゃったもんだから
安定してなかったりするのと、デスクトップで動かせるアプリ(Webアプリ)ならまだしも
iOSデバイスだとテストするのにもMac持ってないとダメだし…

てか、体系だってないのねっていう感じ

しかもライブラリってのが一つの言語体系になってるんじゃないっていう位だし

まぁフレームワークというかUI(ユーザーインターフェイス)からして膨大な訳で
HTML5で動画やらが扱えるようになったモンだから、もう大変な訳…

ネットで入門コンテンツを覗いて、ちょこちょこっと書いてみたんだけど
CGI実装する前、まだオブジェクト指向になってなかったPearlに近い、型を気にしないでオブジェクトを作れて、すんなり書けたし

まぁオブジェクト指向とは何ぞや?っていうのからは、何となくだけど卒業してるんで
メソッド(翻訳すると「方法」なんだけど、関数=手続きっていう解釈の方が合ってる?)だのっていうのも、ぼんやりと理解してたから?

てか、配列=オブジェクト.メソッドとかっていう書き方が出来るっぽいのが楽ちんかな、と
ここでいう配列からしてオブジェクトな訳で
オブジェクト(変数だの配列だのという入れ物的な)とメソッド(手続きだの関数だの的な)の関係性さえ理解してれば、いいぢゃんっ(´Д` )

目から鱗だったのが、オブジェクトはともかく
メソッドだのタイプ(型ではない方の意味も含めて)だのっていう
プログラミング言語に限らずIT系の専門用語がネックなのを英和辞典で調べてみるっていう作法
メソッド=関数の命名は英語な訳でWriteとかoutputとかは、ともかくなんだけど
小文字と大文字が区別されている風なスクリプト言語は、そこら辺から攻めるといいんだなと

MacだとiBook Authorでインタラクティブな電子書籍が作れる訳なんだけど
やっぱりHTML5で作ったガジェットを貼ったりってのとか
縦書き編集、表示が出来なかったりていうのが、個人的には引っかかってて
+CSS3だと余裕で縦書きが出来ちゃうらしいのと
ページめくりなんてのもスワイプよろしくJavaScriptだと書けちゃうってのも素晴らしいんじゃないかと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。