IvyBridge for Windows 甘いか酸っぱいか

for Windows 甘いか酸っぱいかShift++β

Windowsデスクトップ用として1台組むとしたら…

中々難しい所ではあるんだけど、そんなにはトキめかないし
何でかっていうと、2700Kが出た時も持ってる2600Kと大して変わらなかったし

Num TDP C/T Base-Turbo Graphics
Core i7-3770T 45W 4/8 2.5-3.7Ghz HD4000
Core i7-3770S 65W 4/8 3.1-3.9Ghz HD4000
Core i5-3570T 45W 4/4 2.3-3.3Ghz HD2500
Core i5-3550S 65W 4/4 3.0-3.7Ghz HD2500
Core i5-3450S 65W 4/4 2.8-3.5Ghz HD2500
Core i7-3770K 77W 4/8 3.5-3.9Ghz HD4000
Core i7-3770   77W 4/8 3.4-3.9Ghz HD4000
Core i7-3570K 77W 4/8 3.4-3.8Ghz HD4000
Core i7-3550   77W 4/8 3.3-3.7Ghz HD2500
Core i7-3450   77W 4/8 3.1-3.5Ghz HD2500

IvyBridgeにするメリットったら
・省電力
・デュアルディスプレイ派はグラボ要らずかも
・ゲーマーはすんごいカード差してブン回せそう
・新しい事はイイ事だ
くらいしか思いつかないんだけど…


Z68マザーでBIOSアプデで対応してくれれば、底値な山盛りマザーに8GB×4載せちゃって、とか

それ位しか、メリット感じないんだよなぁ

てか画一的なハードで統合、総合力のApple対抗としてのWinPCって余り魅力的じゃなくなってきてる
Windowsでしか出来ない事って、なくなってきてるし

逆にMacでしか出来ない事の方が多い?てかWindowsなら軽く出来そうなことがMacだと逆にむずかったり
それが快感だったりする訳なんだが…

まぁ少々の投資をすればMac上で仮想PCでWindowsもUbuntuもWin8なんかも動かせちゃうし
OS X動かしつつ、だから、結構便利だったりするし
もうちょい拡張性があるといいんだけど、MacProって高いし
Z68でハッキントッシュってのは?危険は犯したくないし、不具合ありそうだし

売れ筋最上位モデルでもTDP77Wってのは、しかし、魅力的な訳で
なんだかパッケージには95Wって印刷されてあるとか?
情報が乱れ飛んだ挙げ句の公式発表で77Wって正確な情報だったって事なんだけど

HD4000から2500ってのも、それなりに頑張ってきてるんだろうけど
ゲーマーじゃない限りHD2500で十分じゃないかと

それでも店員さん曰く「チップセットをいたわる為にも安々でいいからグラボは差すべき」だそうで

まぁ、よっぽどの事がない限り、今回は見送り方針で…
手持ちのAsRockマザーはβ版だけどBIOSアプデ来てるらしいんだけど

買っても省電力モデル狙い撃ちって事で

★GIGABYTE Z77マザー★

★AsRock Z77マザー★

★その他含むZ77マザー★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。