今更Z68なマザーにした訳

今更Z68なマザーにした訳Shift++β

というか、今までもZ68だった訳でして
Z77っていう選択肢もSandyBridgeな2600Kが載せられるって事で
アリといえばアリだったんですけど…今ひとつ魅力を感じなかったんですねぇ

GPUのグレードが上がったといってもゲーマーじゃないんで余り影響ないし
CPUの省電力化というのは、結構、魅力的ではありますが
初回入荷は省電力モデルが極端に少ない?っていう噂もあるし
デスクトップで省スペースにしたのであれば、選択肢にすべき所なのですが
タワーケースで使う分には2600K定格運用でもいいかなと

HからZん時は全部入りっていうんで飛びつきましたけど
今回の7シリーズは、コレといった売りが見当たらないんですよねぇ

永らくAMD派だったのが転向したきっかけがHD2500らへんからGPUが使い物になってきたってのと
AMD派としては当たり前だったんですけど、ね

やっぱり4コア8スレッドでもTDP95Wどまりなとこ
って今度はKモデルでも77Wらしいし、省電力モデルは65Wって事なんですけど

HD4000になってノース・サウスチップ周りの発熱も気になるところですが
GPU内蔵CPUになって、どうなんでしょう?余り変わらないような気がしたんで

ずっと狙ってた山盛りZ68の久々ATXフルサイズマザーをチョイスしたのは
大きな声で言えない悪巧みと鉄板っぽいGIGABYTEのチョイ枯れという所です

★日本限定★ってWi-Fi+Bluetooth4.0のカードが付いての狙い
ホンネはmATXの方が好きというか、メンテしやすいんですけど

全開一式リプレース時に組んだ水冷も止めて空冷に戻そうかとも思ってます

静音ケースだし、メモリとチップ周りの発熱が気になってたんですねぇ
なのでトップフローの定番「KABUTO」も買ってきました
安売りしてたし※¥3,000弱で買えました

それと、前にも書きましたが、Mac miniに積んでるSSDのファームウェアのアップデートもやっつけたかったんで
どっちが目的か判らなくなった組み直しって事になってしまいました。

で、下準備をしてる訳ですが、Mac miniのSSDをバックアップするのに外付け2.5″HDDに
TimeMachineかけてたんですけど、何度やっても、途中で落ちちゃうんですねぇ

一度、2台目HDDのパーティションを切り直してTimeMachine用に作っておいて
そこにSSDのバックアップを取っておきました

原因は、多分、外付け光学ドライブ繋げてたから?
USBポート2ポート使って給電と接続してたのを1つ外して
HDDケースに繋げ直したら、無事完走しました…

Winデスクトップのブートドライブで使ってたのがA-DATAの128GBモデルで
m4は256GBのを奮発してたんですけど
Parallelsで仮想PCにWin7入れてても、ライブラリとかを2台目HDDに逃しちゃうと
90GBとかしか使ってないんですねぇ
ダウンロードも逃しちゃえば、もっと減るんだろうし

Mac mini 改ストレージ2台積み万歳って事で…

GIGABYTE intel Z68 LGA1155 ATX DDR3 PCI-E X16,X1 PCI HDMI SLI CrossFire USB2.0/3.0 IEEE1394 SATA GBE RAID VIRTU SmartResponseTechnology GA-Z68XP-UD4/G3

新品価格
¥13,760から
(2012/4/26 13:23時点)

シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-10600 CL9 512x8Mbit 2Bank 8GB 2枚組 W3U1333F-8G

新品価格
¥8,500から
(2012/4/26 13:28時点)

サイズ KABUTOクーラー SCKBT-1000

新品価格
¥2,830から
(2012/4/26 13:30時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。