トングルBTでも試してみた~デジ操Air

トングルBTでも試してみた~デジ操AirShift++β

IMG_3968

試したのは、古いんだけどBT規格は3.0だったトングル

ドライバCD何処かへなくしてしまったので、ググってみたら
ちゃんとプラネックス、新型ドライバ落とせるようになってました

ドライバ系というかマザーボードに付いてたドーターカード用のインストールディスクで
インストしたと思われる「 Station」てのをコンパネのプログラムと機能でアンインスト
補助ドライバ?デバドラで?マークの付いたドライバも削除
BluetoothHIDっていうのは残しておいた
で、一旦、シャットダウン

サクッとケースを開けてWiFi/BTドーターカードを抜き、トングルをUSBに差して起動
Win7勝手にドライバをインストし始めます。
が最後の最後でUpDate検索になるので、キャンセル

落としてきたドライバをインスト

消えてたタスクバーのBluetoothアイコンが復活しました

IMG_3998

こんなに小さいんですよねぇ
ワイヤレスマウスのレシーバーも小さかったけど、それよか小さいし

IMG_3997

ドーターカードの時の設定画面と又違った画面でデバイス検索

ポイントは予めデジ操Air装着してるPCを起動しておくこと
今回もMacに装着、Win7でペアリングなんですが
Macの画面でペアリング可能になっている状態でWin7でデバイス検索、ペアリングします

PINコードが出るんですが、今度のペアリング画面は何だかIPアドレスみたいなのが出てきました
アイコンは一応HIDデバイスというのでキーボードになってるんで
PINコードが表示されたらMac側で接続されているBTキーボードに打ち込みます
つまりは画面はWin7で入力しているキーボードはMac制御って事なので
いわゆるブラインド状態

数字のコードを打ち込んで忘れずEnterでMac側でもペアリング完了になり
Win7でもペアリングされます
やっぱり普通にMagicTrackPadも同時に使えるようになりました

IMG_3994

BTキーボード単独のペアリングは試してないんですけど
やっぱり、USBキーボードに比べるとレスポンスは鈍いままなので
BTレシーバーとか規格の問題じゃないようです

MagicTrackPadも使えるというのは、とにかく便利だし

特にPC+スマホorスレートPCなユーザーにはオススメですね
子機(クライアント)はいくらでも増やせるみたいだし?
そんなには使わないと思われますが、いいとこ3台くらいでしょうし

AirStashと併せて持ち歩くのにも小さいんで逆に紛失が怖いかも
※ストラップホールも付いてます

ちょっとの間使わないだけでも、一度死にますが、直ぐに復帰します
まぁキーボードは常に打ち込んでる状態なんですが

デスクトップのATOKは使えずBTキーボード側設定のATOKになるので
Win7クライアントだとタスクバーのATOKアイコンでOn/Off確認できません
サーバー側(デジ操Air装着PC)で設定してやらないとOn/Offキーのカスタマイズも効かないので注意
特にMac用キーボードは微妙なキー配列というか慣れないと色々面倒なので
Mac側でキーアサインの設定をしてやったら、それをSyncさせちゃうってのが手っ取り早いかも

因みにAppleBTキーボードでのATOKのOn/OffはCtrl+スペースにしました
「かな」キーで切り替えが出来るといいんですけどね

デジ操Airの切り替えはデフォルトでShit+UPキーです

KVM併用の場合だとキーボード切り替えと一緒に出来ないかと思いつつ
スニペットというかキーボードマクロみたいなので出来そうな気もしなくはないんですが

ソフトでBTデバイスも共有ってのがあるんで、それだと無料なんですけど
PCしか対応してないんで、iOSデバイスとかAndroidとかでもキーボード使いたいとか
デスクトップPC(WinでもMacでも)とノートPCとで、なんちゃってデュアルディスプレイ環境なんかだと
便利に使えそうな気がします

PC+Air Displayでもコリコリっと使えそうな…

デジ操Air Bluetooth HIDアダプタ パソコン用

PLANEX Bluetooth Ver3.0+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class2/10m) BT-Micro3E2XZ [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。