MacとWin混在KVM意味無しだったかも

MacとWin混在KVM意味無しだったかもShift++β

IMG_3999

ELECOM パソコン切替器 DVI対応 BOX型 2ポート KVM-DVHDU2¥8,657

ポチったのはコレなんですが、新しいし、DVIだし、USBだしってんで
大丈夫かと思いきや…

結果は、やっぱりキーボードも2台、マウスとMagicTrackPadも併用
しかも本体スイッチしか効かないし
PC接続に至ってはキーボードもマウス(MagicTrackPadはBTだし)もPC直付けでDVIのみ接続

KVMに繋げたUSBは有線キーボードのみ使えた
ワイヤレス・マウスは動かせず…有線マウスだったら動かせた
が、ホットキーの類も動作せず

Macに至っては、こちらはMagicTrackPadだけが競合しないのか、常に動かせるんだけど
肝心のBTキーボードが認識するけどペアリング出来ない…

しかもMacをポート1にしてるんだけど、スリープしちゃうと復帰出来なくなるし
MacをシャットダウンするとKVMへの電源供給もしなくなるのか
ポート2のWin機表示も出来ない(てかKVM消灯)

IMG_4001

前のKVMに比べると、PCオフ時でも常にディスプレイに帯電してて、画面がちらついてたのが
なくなったっていう事くらいで、あんまり意味なかったかもなぁと

まぁ何となくだけど、原因はKVMではなく、Macと自作Win混在って事なんじゃないかと

しかしUSBキーボード繋ぐとBTキーボードまで使えなくなるというのは如何なものかと

Win機だとUSBキーボード繋げたままBTキーボードも普通にペアリング出来て使い出せたんだけど
Macだと新KVMではマウスも使えなかったんだけど、何故か古いKVMだとMagicTrackPadとUSBマウスは同時に使えたり
ハード接続でマウスとトラックパッドは別物だっていう認識、というか設定が出来てたんで

IMG_4003

USB1ポートでしか繋げなかった旧KVMだと何でもアリだったって事?

う~ん、中々奥が深いというか、サクッとはいかないというか…

何とかワイヤレス・マウスのレシーバーをKVM差しで、せめてWin機では使えるようにしたい
そうすればホットキーというかマウスのアクション(ホイール2度クリック)で
ポート切り替えも出来る様な気がするし

出来れば、キーボードもKVM接続でMacのBTキーボードが常に活きで使えるようになれば
キーボードのホットキーも使えそうなんだけど、これは別にキーボード2台になってもいいや

というかキーボード2台、マウスとトラックパッドって
タダ単にDVI←Mac、HDMI←Winでディスプレイの切り替えスイッチ時代と変わってないような

Mac接続のBTキーボードとMagicTrackPadは譲れないし
Win接続のキーボードはとにかくUSBでないと使えないし
まぁ非常事態だけ有線接続っていうのでもいいんだけど

IMG_4004

これ商品説明のトコに明示されてなかったし…

対応機種でOS Xって明示されてたし、一応、amazonでも人気だったからポチったのに

IMG_4005

普通にApple純正BTキーボードにはScroll Lockなんてのはない訳で

これはKVM活かしのキーボードを追求していくべきなのか!?みたいな

もうHappyHackingとかに注ぎ込むしかないのか!?みたいな

でもタイプライター型ってうるさいんだよなぁ…とType-Sってのが静からしいんだけど
有線USBで2.5万円、直販のみって、すげぇなぁ…とか

Apple純正BTキーボードでも、それなりに打鍵音はしているんで、メンブレインあたりの静かさに比べたら
そこそこうるさいのは確かなんだけど

やっぱりパンタグラフ+アイソレーションにこだわりたいし
折角気に入ったApple純正BTキーボードも使い続けたいしなぁという事で

なんだかんだで、やっぱりMacでLiveWriterで書いてる訳なんだが…

今のところKVMにアタリなしっていう感じではあるんだが

ELECOM パソコン切替器 DVI対応 BOX型 2ポート KVM-DVHDU2

MB110JB

デカいけど鉄板かも知れない。一応抑えに

Apple Keyboard テンキー付き -US MB110LL/B

結局、Win用優先させると、こんなのとかがいいのか。ポチったけど

ELECOM トラックボール付きワイヤレスキーボード 2.4GHz シルバー TK-FDP021SV

にわか林檎派としても譲れない一品。逆にWinでも使えると便利なんだけど。ジェスチャー以外は使えるけど

Apple Magic Trackpad MC380J/A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。