やっぱりキーボードマニアなのかも~HHK Lite2編

やっぱりキーボードマニアなのかも~HHK Lite2編Shift++β

HHK_00

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列かな印字なし USBキーボード ホワイト PD-KB220W/U ¥3,999

一番安いモデルでメンブレイン…なんだけど、やっぱり打鍵音うるさいかも

が、打った感じはメンブレインという趣ではないです。
にしても打鍵音タイプライター型みたいに、結構大きいですかね

が、Lite2とはいえ、さすがにHHKっていう感じは十分にします
Lite2 for Macってのもあったんですけど、スノーホワイトで、いかにもっていうモデルです
折角のUSB有線だし、KVM経由でWin7でも使いたかったので、ノーマルJISにしときました

夜中にガシガシ打っちゃうってのは、ちょっと気が引ける打鍵音ですかね。
Type-Sは、ここらへんから30%ダウンっていうカタログスペックなんですけど
YouTubeとかに上がってる打鍵音は、確かにProfessionalモデルに比べると
低くはなっているような気がしますが、大して変わらないんじゃないかという感じでした

打鍵感は、まずまずなんですけど、この打鍵音だけは頂けないので
やっぱり狙いのType-Sポチってしまいそうで、怖い…多分、ポチるんでしょうけど

HHK_1

確か、DOS/Vっていう時代から売ってたような気がしてるんですけど
気のせいでしょうか…殆ど唯一、UNIX配列って言うんですか
Aキーの隣にCtrlキーが配列されていて、キー配列のカスタマイズ要らずなのです

HHK_2

これと、Apple純正キーボードが、最初から、この位置ですけど
他のキーボードも直しちゃえば良いのに、国産メーカーのですら未だにCapsLockっていうのが
理解できないんですよね

別に規制はなさそうなんですが、何故に変えないのでしょうかねぇ。

永らくUSキーのを使ってたんですけど、余りに選択肢が少ないのと
USBワイヤレスとかだと皆無だったりしてたし
ブラインドタッチの弊害、キーが多過ぎっていうのを我慢すればJIS配列でもいいかと

HHK_3

XFERとかNFER(いわゆるスペースバーの両隣の変換・無変換キー)とかも
使われているのかしら?と思うくらい陰薄くないですか?

Macで使う時にIMEトグルだと面倒なので
Apple純正キーボードで設定されてた様にXFERを仮名入力、NFERを半角英字入力に
一発でIMEのOn/OffってOS Xだと出来ないっぽいんですよね

その点でも、MacとWinと両方で共有したり、どちらでも使えるJISキーボードとして
HHKって、相当優れているかと

JIS配列ですけど、限りなくUS配列に近いイメージですかね
微妙な特殊記号の位置は違うままで、仕方が無いのですけど

HHK_4

ファンクションキーもない四段配列で、Fn+でファンクションキーとかを使うようにします

Winで使うならばキー配列変換ソフトで、ここら辺を弄くり回してカスタマイズも出来そう
Fn+で設定できるかどうかは判りませんけど…
はなから殆どファンクションキーとかPRT SCRなんて使ってないんで余り使わずに済みそうですが
Fnキーのキーコードさえ解析できればXFERらへんとコンバーとして使うと便利かも

やっぱり、ですねぇ…
DOS/V入れてNECもPC98をAT互換機にした辺りでJIS配列とかってのを止めちゃえば良かったんですよ、多分
ATなんちゃらっていう別の規格のキーボードもあったりしたんですが、消えちゃったし

US配列で全角/半角キーとかをファンクションキーに割り当てておくとかで
最初から世界共通規格に合わせれば良かったのに、日本ってガラパゴスが好きなんでしょうか?
鎖国というか意味のない伝統みたいなのにはこだわっておいて
意味ある残すべきモノとかは無視しちゃう傾向にあるのかもなぁと

んな事をバシャバシャと、うるさいんで近所迷惑…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。