やっぱりキーボードマニアなのかも~iBuffalo編

やっぱりキーボードマニアなのかも~iBuffalo編Shift++β

kb_0

上が純正、下のがiBuffaloのBluetoothキーボード、一応Win&Mac兼用対応

kb_1

上が同じく純正、下のがiBuffalo有線USB、何故かWin専用ってなってる
上の画像のBluetooth版の色違いっていうほど同じだし
各々色違いで当然、ホワイト版もあるので、全くといっていいほど同じ
インターフェイスが違うだけ?

kb_3

因みにワイヤレスUSB・トラックボール付ってのは、キートップの大きさは流用っぽいけど
他は微妙に違っている。大きさも微妙だし…並べないと判らないと思われ

kb_4

殆ど流用だろっていうUSB有線VerとBluetoothVerだが
方やWinのみ対応で、方やMacにも対応っていう違いが、かすかに見て取れる
だから何だっていう訳ではないんだけど…
Winのみ対応っていっても普通にMacでも使えるし
BluetoothはiOSデバイス意識してホームボタンがあるかと思いきや
有線Verにも、ちゃんと付いてた…どうやって繋げりゃいいんだ?って話なんだけど
ブラウザボタンとかも付いてるんで、それのホームって事?

kb_6

BluetoothVerにもWinキー付いてるし、Macと一発切り替えキーもあるんで
普通にCommandキーのつもりで使い出せる

kb_7

MacとWin切り替えキーはFn+F12って事…BluetoothVerのみ採用されてる

kb_8

番外編、amazonで売ってた輸入品の、なんちゃって純正Bluetoothキーボード

てかJIS配列のと並べると判らないけど、US配列のとは瓜二つの筈
2.0、乾電池式でバッテリーケースの形状が違うだけで
裏面もそっくり。が、アルミではなくポリカなのでチープ感は否めない
素直にデスクトップ向けというよりiOSデバイス向け?

kb_9

普通のiOS意識したBluetoothキーボードと同じ仕様
要するにUS配列Bluetoothキーボードだと思ってれば間違いない…

因みに型番違いでWinも使える(Winキーが付いてるだけのUS配列)ってのも売ってた

まぁ、どれも帯に短し襷に流しという感じ…
Win+MacでKVM経由となるとUSBワイヤレスか有線って事になるんだけど
キーピッチも純正と変わらないし筐体の大きさも同じなのに
キートップが少しだけ小さいので、ちょっと打ちにくいかも

BluetoothVerが先に出てて、USB有線が最近出たんで
流用パーツ使いまくりのインターフェイス違いだと思いきや…
そっくりインターフェイス違いでいいのに、少しだけ仕様を変えてきたのは何故なんだろう?

ボディの大きさも有線なんだからデスクトップ限定の筈なので、もうちょっと大きくてもいいのに
BluetoothVerと同じ大きさに増やしたキーを押し込んだ配列になってしまって
Enterキーが犠牲に…ファンクションキーに機能を付けてるんだけど使ったことないし

パッと見、US配列かな?と見間違うキートップ印刷がシンプルで良いと思うんだけど
それならUS配列も出せば良いのにと…

抑えでUSB有線は純正フルキーボードとコレをポチったんだけど、どちらもお蔵入り?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。