デジカメ遍歴~K10Dその2

デジカメ遍歴~K10Dその2Shift++β
*ist DS 1/4000秒 F2.8 ISO200 ±0EV 太陽光 40mm(60mm) 鮮やか
smc PENTAX DA 40mm F2.8 Limited

まずは何故PENTAXなのか?かも知れない。

最初の*istDSは、小型軽量どちらかというと入門機、なんだけど、SDカード対応と上位機の「D」と遜色ない追い込みも可能な遅れてきた下位機種でもあった。
後付けで、欲しいレンズも見つかった。DA40mmLimitedは、小さな*istDSに似合っていたし。
ペンタリズムとかっていう、ファインダーの可視領域の広さも、使っていてよく判った。
一度これで見ると、他のファインダーはちと見にくいのは確か。

前ページでも掲示しているのだけれど、レンズキットのレンズが酷評されがちなところ、じわりと、レンズキットレンズにしては、という評価が高まったりもした。
望遠も持ってたりするのだけれど、Sigma17-70mmDCを買うまでは、ほぼ常用していた。



PENTAX K10D 1/500秒 F4.5 ISO100 ±0EV WBオート 70mm(105mm) ナチュラル
SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

K10Dへのグレードアップは、単に上位機種へのバージョンアップのつもりだった。
まぁ最初のメーカー選びというのは、一眼レフでは、運命を決めるようなものかも知れない。
交換レンズ命というか、地獄というか、レンズキットだけで収まるはずもなく、望遠、マクロくらいは揃えたくなる訳で、当然といえば当然なのだけれど、マウントというのがあって、メーカーそれぞれが独自のマウントなので、ボディを変えると、レンズがパーって事になる。

K10Dリリースは知っていたのだけれど、暫くしてから、絶大な高い評価を受けているのを知った。
防水・防塵、手ブレ補正、感度優先のAEなんていうプログラムモードもあったりするんだけど、3つほどのファンクションボタンを使い分けて、色んな事が出来る。つまりは、比較的簡単に「追い込める」
これまた人気のズーム・マクロレンズのPENTAXマウントが出ていて、半ば衝動買いみたいにして買い揃えるのだけれど、大正解、だったと思う。

高級コンパクトデジタルカメラとしてGX100を持っていたんだけれど、ツーリングのお伴だったら、どーすんべぇかなぁ?と贅沢な悩みをニタニタ笑いながら考えつつ、どうせ、全部持って行くんだろうなぁとか。(一週間程度のツーリングなら全部持ちは可能だと考えていたし、多分、本当に可能だと思う)














K10D レンズキット 税・送料込¥82,822


Sigma 17-70mm F2.8-4.5 DC Macro 税・送料込¥39,005


PENTAX DA40mmF2.8Limited 税込・送料別¥35,028


Kenko 液晶プロテクターK10D専用 税込・送料別¥1,548


OP/TECH カメラストラップ 3/8″Webbing 税込・送料別¥2,780


K10D/K100D完全ガイド 税込¥2,100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。