ちっこいPCとちっこいOSが流行ると予想してみた件

ちっこいPCとちっこいOSが流行ると予想してみた件Shift++β

2012-05-23_10h57_31

49ドルのAndroidミニPC「VIA APC」発表、7月出荷。Neo-ITX フォームファクタ
~engadget日本版

・型番 APC 8750
・VIA WonderMediaプロセッサ (800MHz ARM 11 CPUコア)
・2D/3D グラフィック、メディアファイルのハードウェアデコーダ、HD動画再生、解像度720p
・512MB DDR3 RAM
・2GB NANDフラッシュメモリ
・アイドル時4W、最大13.5W消費電力、15W ACアダプタ付属
2.3 (マウス・キーボード操作に最適化したPCライクなカスタマイズ版)

Neo-ITX(170×85mm)ってのが、ちと大きすぎるかな?とは思うんだけど…
例えば、普通のPCケースの5"ベイとかに入れられるボードPCとかって出ないかな?って
Raspberry Piがサクッと来てくれればいいんだけど…ってLinuxか

ARMって事は、Win8RTとか動かせちゃうかも知れないし…

デスクトップで使うのなら、マナ板ってか、基板剥き出しで使っちゃえば良いのか
HDMI接続でフルHD再生出来るかと思いきや1920×1080は厳しいらしい
けど、720pって凄いよなぁ…ハードウェアデコーダも載せちゃってるらへんが
まんまケースインさせてリビングPCにはもってこいじゃないかと

個人的にはAndroidがアレなんで、スルーなんだけど
※VIAの発表だけで日本国内販売するかどうかも判らないし…

Raspberry Piとか、コレが成功しちゃったりすると、いよいよスモールPCというか
プリミティブなOSを動かすPCというか
ネットに繋がって、I/Oもシンプルに、っていうのでサクサク動けば尚いいっていうのが
流行るのかも知れないと勝手に予想してみる

Androidってば沢山バージョンが出ちゃってて、基本スマホOSだから
キーボード操作ってのがしんどかったりするし
※VIA APCはキーボード・マウス操作に最適化したのを載せてるらしい

ちっこいLinuxか、期待してたんだけどイマイチ盛り上がりに欠けてるChrome OSらへん?

素直にWindows XPらへんのサブセットみたいなのが出てくれるといいんだけど…
Win8RTには、ちょっとだけ期待してるけど、バンドル小型PCったら高くなるんだろうなぁと
やっぱり基本スマホ向けOSなんだろうし…

後は、モノクロ7インチくらいから5インチらへんまでのサイズを取りそろえた
ディスプレイとキーボードがセットになった筐体キットとかが欲しいかなぁ

夢の乾電池駆動PCってHP200LX以来で弄り甲斐がありそうなんだけど…

でなくてもセパレートならRaspberry PiでケースインさせてBluetoothキーボード繋げて
後は小型のUSB接続ディスプレイで何とか動かせそうではあるんだけど
乾電池だけってのは厳しそうだから、16階調くらいでいいからモノクロディスプレイキットとか
基板直付け出来る様な仕様にして出ないかなぁと

てかHP200LXみたいなのって、直ぐに出来そうなんだけど
なんで何処も出さないんだろう?って
安すぎてビジネスにならないんだろうか?
Raspberry Piみたいな教育目的の配布でローコスト目指さなくても
そこそこの値段でもポチるんだけど…上限3万円までね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。