リリース記念の50%オフに反応してしまった件〜Coda2

リリース記念の50%オフに反応してしまった件〜2Shift++β

Coda 2 App
カテゴリ: 開発ツール
価格: ¥4,300

 

 

いつかは、ポチってやろうとは思ってたんだけど
しばらくアップデートもしてなかったし、CSS+HTML弄るのって結構大変なんで
躊躇してたら、その内、Windows Live Writerで完結出来ちゃうようになったんで

てか、CSSというかテーマのカスタマイズもWPの中で出来ちゃったりするんで

根本的には何も解決してないというか…
まぁ、テーマ弄ってる暇があったらコンテンツの充実を図る方が先決だろうと

50%オフでも¥4,300な訳で
高いか相応かってのは使う方の問題なんだろうなぁと

当面は、普通のエディタとして使うのか?オレ?

 

Diet Coda App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥850

 

どっちかっていうとiPadアプリでHTMLエディタというか
開発系アプリとしてのリリースの方が大きいんじゃないかと 

既にアップしてるWPサイトとかの編集というより
CSSとかJavaScriptらへんのHTMLエディタとして、Macと連動出来ちゃったりするらしいので
Coda 2とはセットでポチるべきだろう…と

iPadアプリの方が割高感かも知れない、が
やっぱりiPadでもWebアプリとか開発出来ちゃうって言うのが妙味でしょう

流行のMac母艦との連動ってのもイケてると思うし

AppStoreのアプリ価格というかソフト価格破壊って
有償アップグレードへの道筋もだけど、ユーザーの金銭感覚麻痺させちゃった感があって
フリーソフトで何でも賄えるのは、まぁ、それなりには出来るんだけど
やっぱり便利なツールというか道具としてのソフトは、それなりにきっちり作ったソフトの方が
間違いないというか、鉄板系は強気?の値段で押してくるし

今回のMacソフトでも半額ではあるけど、鉄板MarsEditより高かったするんだが
実は、iPhone向けアプリでカーナビの方が高かった…

ここらへんの価値感はゴルフをやる人にとっての何万円もするドライバーと
PCゲーマーにとってのグラボみたいな関係なのかも知れない
個人的には、どっちも無用の長物なんだが…
どっちの理屈も判るような気がするし…

+キーボードっていうの図式でiOSデバイスでも開発出来たっていいぢゃんっ!というのが一つ

それとAppleの時期OSとか新型iOSデバイスへのアプローチが変わってきたかも?という事

ひょっとするとファイルの扱いがiCloudへのアップロードらへんから自由度を増すかも?と

例えばaviファイルは標準アプリのビデオだとライブラリから読み込んできて
他のマルチメディアプレイヤーからは読み出せなかったりしてた訳で
その逆も同じで、VLCで読み込んだ動画ファイルは他のプレイヤーでは扱えなかったり

MP3プレイヤーとGoodReaderが軽く風穴を開けたんだけど
USB経由とかBluetooth経由でのファイル転送というか、使い回しが出来るのは
クラウド(DropBox)経由でしか難しかったのが、一旦、ダウンロードしたフォルダの閲覧から
読み出せるアプリとかで使い回しが出来る様になったりするのかも知れない、と

にしても3G回線かWiFiのネット前提なんだよなぁ…

デスクトップとの連動はMacBookProとかでもWiFi前提でいいんだけど
例えばiPhoneのテキストエディタで編集したファイルをiPadのDiet Codaで読み込めたりすると
便利なんだけど…Bluetoothファイル転送とか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。