以下、無用のことながら-全然無用じゃない司馬遼太郎の本

以下、無用のことながら-全然無用じゃない司馬遼太郎の本Shift++β「以下、無用のことながら」 文春文庫 ¥700(税込)

ちゃんとに紹介しておきたく、再度、掲載しておきます。

あとがき、寄稿文のまとめの本です。
司馬遼太郎のことなんで、短編集のように読めます。
寄稿文なんだけど紀行文にもなってるし、ちゃんとエッセイですし。

有名どころでは竜馬がゆくのあとがき集とかですが、かの調子で、本編に書き込めなかった話とかを、ちゃんと残してくれています。

あのスピード感とパワーは、氏の行動力から来てるんだなぁと。
思いついたら、ただ「見る」だけのために海外まで行っちゃう人だったんだと。

歴史という時間の流れを真摯に見つめて、見つめて、見つめて…
答えというか解釈は傍観者に委ねつつ、伝聞者のように振る舞って…

かの人が、日本を嘆いていたのが、まだ、そのまま引きずっているようです。

庭先の草木の陰、日向を見て、思い立つというのは、是非、やってみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。