Windows 8 USキーボード派向けIMEのセッティングとか

USキーボード派向けIMEのセッティングとかShift++β

2012-06-02_09h55_54

isoをDVDに焼いてクリーンインストだとシリアル必要で、インストーラーからだと要らないみたい

そのシリアル入力の時にも、ソフトウェアキーボードが使えたりで、まさしくタッチパネル向けっていう趣で
嫌な予感はしてたんだけど、IMEも新しくなって、賢くなってれば良かったんだけど、ボチボチな感じで
インターフェイスが変わっただけかも…

JISキーボードなら、普通に使いだせるとは思うんだけど、一応

2012-06-02_09h52_16

タスクバーのIMEアイコン右クリックからプロパティで設定は同じなんだけど
デフォルトだと「直接入力モードを使用しない」にチェックが入っていて
起動直後の何もアプリを立ち上げてない状態ではIMEは使えないようになっている

別に困ることはないんだけど、なんだか気分が悪いので、いきなりチェックを外しておいた…

2012-06-02_09h45_36

キーアサイン・セットは好みが分かれるところなんだろうけど、一時からMS IMEスタイルで慣れてしまえば
いちいちカスタマイズする必要もなくなるしというので、MS IMEセットを貫いてる訳なんだが

USキーボードには半角/全角キーなどないし、そもそもJISキーボードでも、このIMEのon/offトグルは変えてた訳で

JISキーボードの時はMacキーボードと同じに「かな」でIME on、英数でoffにしてた。
Winキーボードなら「変換」と「無変換」もしくは、右Alt一発でトグル切り替え設定してた

USキーボードだと途端にキーが少なくなるので、必然的にCtrl+とかAlt+とかっていうので代用することになる
しかもPFU Happy Hacking keyboardは、さらにキーが少ないし…

2012-06-02_09h47_40

キー設定の-オン/オフを探して「半角/全角」から「Ctrl+SPACE」に変更

変更そのものは、ダイアログが出るので、普通にCtrlを押しながらスペースを押すと設定になるのは同じ

デフォだと未入力、変換前のみ状態でトグルになってるんだけど、Win7までは片っ端からトグルで使えたので
状態全部をトグルに変えてしまう

2012-06-02_09h46_31

一般的な、というかMacでも共通でCtrl+SPACEにしてるからというだけなので、ここらへんも好み
Winキーとかアプリキーとかは使わないで済みそうなので、そこらへんを使ってもいいだろうし
右Alt一発でもいいだろうし

で、やっと、それなりに使える様に出来た…

因みに、Windows Live Writer 2011もインストーラーからインスト、それで投稿してる訳なんだが
.NETは一切入っていない模様で、改めて3.5だかをインストしないと駄目だった
起動も軽いし、シャットダウンも軽いのは、そこらへんの余計なDLLとかを読み込んでないってのがあるのかも?

ブートから通常のデスクトップにするのに2ストロークいるのは諦めて、立ち上がりが軽くなったので良しとすべきかも

因みにシャットダウンもスタートボタンもクリップオンとかで即使えるようにはできるのだけれど
スタートボタンはWin7の64bit版でも動かせてたランチャーで代用できるし
シャットダウンもランチャー経由でアイコンというかボタンをくっつければいいし

シャットダウンは再起動も含めてAlt+F4ってのを覚えておけばいいし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。