ちっこいPC作ってくれるベンチャー出資者募ったら是非参加したい件

ちっこいPC作ってくれるベンチャー出資者募ったら是非参加したい件Shift++β

6.1インチで2560×1600ピクセルって、文字とか小さくて見難そう…

300ppiレベルでいいんで7インチで1280×720とかっていうの楽勝そうだし
いよいよ、ちっこいワンボードPCに、高解像度だけどちっこい液晶くっつけた
ちっこいPCってのが現実味を帯びてきたんじゃね?と

On-Lap1302でも13.3ワイドなんだけど、大きさより薄さってのはインパクトあったなぁと

WXGAで10.1とか9インチっていうネットブックサイズのペナペナ液晶キットと
ワンボードPC(仕方ないのでAndroidでもいいけど)キーボードはお好みでっていうの

夢の乾電池駆動の「ちっこいPC」出来ちゃうぢゃんっ…

やっぱりスマホとかに使われるんだろうなぁ…シクシク

2012-06-02_20h23_02

バッテリーの蓄電技術も発達し、消費する方の液晶だのCPUだのも省電力化し
クラウドが本格的に使えるようになって、後は、どこでもWiFiかポケットWiFiルーターで
ストレージをクラウドに持ってっちゃえば、OSなんてROMに焼いちゃってもいい訳だし
ストレージとしてはmicroSDカードなんて32GBも2K円台とかで買えちゃうし
普通にキーボードは後付けオプション、乾電池ケース付液晶付ワンボードPCで
余裕の1万円までで収まりそうな気がするんだけど、気のせい?

キーボード付けたとしても、そんな立派なケースとかに入れなければ
普通に1万円台前半らへんで収まりそうな気がするし

やっとキラーアプリというかキラーソフトとしてのOS、Linuxらへんがガツンと来て

って乾電池駆動だからといってスリープでなら12時間くらいは保って欲しいし
実働でも6時間くらいは単3×2本とかで動いて欲しいんだが…

まんざら、妄想に終わる話じゃなくて、マイナーメーカーが、ちょっこっとだけ本気出してくれれば
さくっと作れそうな気がするんだけど…

期待の韓国勢はすっかりメジャーになっちゃって、高ビーというか、カスタマー無視路線だし
中国は問題外だとして、やっぱり新興インドあたりが息を潜めてるんで期待したいかなぁ

激安自動車とか激安PCもインド発だったような記憶が…

もうね、精密機器の保証期間じゃなくて、いいし
なんならメーカー保証なんてなくてもいいし、ガチャガチャみたいなPCでいいと思うんだけど

大当たりはハイクロックなCPU(だけど乾電池駆動は短い)外れは、どうにか動いてるけど
いつ壊れて不動になるかは判らないワンボードPCって、どうよ!?
その代わり液晶+ボードでケースイン、キーボードは後付けオプションねってんで1万円ぽっきり

ぽっきりPCか、がちゃがちゃPCか…
でも、ちゃんとに32BitでOS動いて、なんならスクリプト言語なんかは余裕で作れちゃうっての

動画はフルHDは無理だけどSDなら普通に見れるレベルでいいし
Bluetoothとかも後付けオプションでWiFiもa/gのみ、USB2.0ポート出来れば2つ欲しいけど
キーボード用ポートとは別に1つあれば十分だし
あぁ、microSDカードスロットはないと困るなぁ…

ってAndroidなnanoITXボードとかRaspberry PiのスペックでOKぢゃんっ!

ベンチャーてか出資者を一般から募って製品化ベンチャー、どこかでやってくれないだろうか?
てかシャープがまとめて面倒見るとかって気合い入れてくれないかなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。