1,700円でWindows 8 涙目…iPhone5は秋に決定っぽいと予想

1,700円でWindows 8 涙目…iPhone5は秋に決定っぽいと予想Shift++β2012-06-12_04h33_30

即リリース期待したんだけど、7月かぁ…

新型MBP、Airは、ほぼ予想通りというかリーク通りの結果で
やっぱり気になる改造というかメモリの換装とかSSD交換が出来るかどうか?
13″は従来解像度で高解像度15″リリースで17″廃版ってのが、ちょっと以外だった

iOS6も秋って事は、iPhone5も同時リリースだろうし
逆に、秋まで引っ張るって事はiPad miniってのも十分期待できるかなぁと

やっぱり一番はMountain LionとiOS6って手持ちのデバイスでも即効性で効くOS話

なんちゃってSiriがiPad2でも実装できるらしいっていうのと
iCloud強化、SafariがChromeっぽくなるっていう事らへんかなぁ

Mapは日本の地図というか道路情報に何処まで対応してくれるかっていう事なんだけど
簡易Naviとしては十分使えそうな気が…

素直にGoogle MapsもバンドルMapも両方使い分けたいよなぁ…と

ちょっと冗長感があったのは静止画像と同時翻訳みたいな解説でリアルタイムで見てたから

まぁS・Jのプレゼンとかと比べたら可哀相なんだけど…

実は、結構、内容の濃い回だったんじゃないかなぁと
ただ、事前リークが多すぎて、要らない予想まで飛び交ってしまって収集付かなくなっちゃった感

それが最初に新型ハードの発表でドーンとインパクト出したのはいいんだけど
ちょい尻つぼみ的に感じてしまった要因?なんだけど
Mountain Lion、iOS6、中でもMap、Siri、新しい内蔵アプリとか、結構な中身だったのに

にしても、Windows 8のDSP版とか、価格をどうしてくるんだろうか?
というか既存Win7ユーザーへの優待アップグレード版も、Win7の時みたいにやってくるんだろうか?
そして、その価格設定が難しいというか、今までの殿様商売はボチボチ難しいぞって
果たして実感してるかどうか…

なんてたって1,700円!有償アプリ並のおまけアプリが内蔵されてての値段だし
Windowsでいうと、VistaからMetroにアップグレード出来ちゃうっていう話
しかもネット配信でダウンロード、アップグレード出来ちゃうって事だったりするんで
ダウンロードからインストまで、そこそこの時間はかかるものの
事前のデータバックアップとかも必要なく(推奨ではあると思うんだけど)
ブートドライブのシステムは上書きでアップグレード出来ちゃう手軽さ…

どこぞの記事でWindowsPhoneがシェアを伸ばしてiOSデバイスは厳しくなるだろうっていう予想が
あったんだけど…なんだかなぁ、と思って読んでた
IT系にもマスゴミ影響出ちゃってるんだなぁと…
Android端末がiOS端末のシェアを抜いた!っていう記事の時も3機種対何機種の話?と

MSのビジョンってのが判らない…

本気でWindowsPhoneとかタブレットで席巻を考えているんだとしたら、相当おめでたいし
Metroで復権は、まず有り得ないと断言しちゃったりして…
二世代前バージョンからのアップグレード可っていうのと新型ハードで
Mountain Lionのダウンロード数とインストール数はLionを普通に越えてくるだろうし
仮想化PCインスト用イメージとかで配布した方が手っ取り早いかもなWindowsって…

タブレットとデスクトップを融合したOSとしてのベクトルは同じような気がするんだけど
無理くりデスクトップからタブレットOSを意識したのと、2つのOSを徐々に歩み寄らせているのと
所詮、デバイス的には別物っていうのが根底にあって、使い回しすると便利なとこだけ
一緒にしとけば便利になっていいぢゃんっていうので、十分だと思うんだけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。