SSDって「事件」だったのかも

SSDって「事件」だったのかもShift++βついに非常に安価な120GBのノート向けSSDが登場、読み書き速度も実用レベルに – GIGAZINE

64Gとかでいいから、もうちょい安くなってくれるといいかなぁ…
実際にOSインストールして、常用しているツールを足しても20G程度じゃないかと
外部記憶としてSDHC16Gとかが使えれば、32Gでもいいかも

にしても、確かに安くなった
2.5インチHDDも消費電力とかは変わらないらしいんだけど 物理的な駆動が起きる以上、やっぱり振動とかにも弱いんだろうし
気になるのが温度かな…2.5インチHDDは、余り発熱しないらしいけど 外付け安々ケースで使っているんだけど、結構アチチだし :->

からSSD搭載っていうのが、本格的に「一般的」になったんじゃないかと思う訳なんだが、一応、従来のノートPCでも、SSD搭載がトレンドになってる。
動画ファイルのせいで容量というのがネックだったりしてたんだけど、それも色々と取り巻く環境も変わってきたんで、余り気にしなくても良くなった。
なんといって4Gで使える事が判ってしまったわけだし(ちと工夫は必要ではあるんだが)

有り余るハード資産を、余すことなく使い切る、みたいな技術というか工夫というか、そういうのを忘れて久しかったってのもあるんだけど。
そういう意味でも、EeePCはエポックメイキングだったんだけど、既に次の世代のエポックメイキングな出来事としてのAtomやSSD搭載がデフォルトっていう構成のMini-PCっていうのは、個人的に、結構大きな「事件」じゃないかと思ってる。

ひょっとして、ここらへん(安価な大容量SSD)も、結果的に彩りを添える小さな事件なのかも知れないなぁ、と…

HP 2133 Mini-Note PC
本家のDirectPlusはこちらから
スペックなども見れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。