Windows Phone って何ソレ?だった件

Windows Phone って何ソレ?だった件Shift++β

2012-06-21_10h31_48

Windows Phone 7.8 発表、WP8新機能の一部を旧端末に提供:engadget日本版

独自のハードをリリースするくらいなら
WPにMetro載せちゃえば良かったのにと思った訳なんだが…

ARM版RTの更にサブセットでもいいから、スマホにWinOS載せちゃって
データの完全互換とクラウド使えれば、向かうところ敵無し状態じゃね?と

画面が小さいからUIは最適化が大変かも知れないけど
Officeサブセットとかなら、今時のスマホなら動かせそうな気がするし

何もマクロとかガンガン動かなくていいから、データシートだけ閲覧出来たり、ちょこっと編集出来れば
スプレッドシートは何とかなると思うし、DBも、今時はWebアプリで対応できそうな気がするし

だったらWin8Metroの存在価値も多少はプラスαで上がるような気がするんだけど

スマホはスマホ、でもPCはスレートに賭けちゃうっていうのが判らない訳で

Androidが束になってかかっても崩せない牙城のAppleに、今更、挑戦しようたって
時既に遅しというか、どうな訳と思うんだが

ハード込みの垂直統合に憧れてしまったのは勝手にすればいいんだけど
またぞろ、ハードを追い越すようなソフトを開発すれば良かったのに
キラーソフトからキラーハードっていう幻影を追いかけても、仕方ないのに

実はiPhoneもキラーハードではなったし、強いて言うと、iPhoneありきのiPadはキラーハードだった

てか、Appleは元々ハード込みの、生まれた時から垂直統合型の会社だったわけで
ハードメーカーの買収とか、協力を得られたとしても、MSの垂直統合への変換は無理があるというか

今までのハードメーカーとの付き合いというか、総スカンとか食らったらどうするんだろう?と

スマホに求められているニーズ、そのままスレートPCとかUltraBookとかのモバイル系も
・丸々一日くらい保って欲しいバッテリー駆動時間
・動画くらいはサクサク動かせるスペック
・オープンなアプリが選べる環境
・程よい画面の大きさ
・程よい重さ、薄さ
・2台目でも苦にならないランニングコストと機種代
てな所が、ポイントになっていってるんじゃないかと思う訳で

ネイティブWin8スレートPCも、詳細なスペックが無いままのフライング気味の発表になったのは
ちと病的な危機感かも知れないんだけど、MSの生い立ちとかから考えるに
イノベーションを起こせる体質ではないのだし、焦っても仕方ないと思うんだが

どう考えても、一連のMSの迷走ぶりは、やっぱり「終わった」感しかない訳で
ひょっとすると、ヤバい結末へ向かっての「歴史的な瞬間」に立ち会ってしまったという
なぁんか苦い味しか残ってないんだけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。