EeePCのEはエコでもなさそうだし

EeePCのEはエコでもなさそうだしShift++β「Atom」搭載のインテル純正マザーが明日店頭デビュー! ascii.jpより

「D945GCLF」の主なスペックは、チップセットが「i945GC」+「ICH7」。拡張スロットがPCI×1、メモリスロットがDDR2 DIMM×1(DDR2-667/533、2GBまで)。オンボードインターフェイスにはVGA(GMA950)やサウンド(Realtek/ALC662)、100Base-TXイーサネット、Serial ATA×2、IDE×1とシンプルなもの。
オンボードのCPUは刻印を見る限り「 N230」と思われ、「1.6GHZ/512/533」といった記載やS-Spec「SLB6Z」という記述も確認できる。また、CPUは小型のヒートシンクを装着。Northbridgeである「i945GC」には小型のファンを搭載したクーラーが装着され、South bridge「ICH7」にはなにも付いていない。

サーバー用途くらいかな
やっぱベアボーンとかで出してくれないと、一般売りは厳しいかなぁ、と。
VIAのmini-ITX乗り換え組と買い増し組だけでいいなら、いいんだけど。

AMDの780Gのmini-ITX、出来ればケース・電源セットとか(それってベアボーンっていうんだよな)
光学ドライブ無しが希望。なるべくちっこいの希望


しかし、まぁ、結構画期的なリリースではありますな。
業界のトレンドが、これでホントにはっきりしてきたって事なんでしょう。

なんでもデスクトップPCの売れ行きが先細りしまくっているそうで、NotePC大躍進って事なんですけど、結局、それってEeePC系というかEeePCの一人勝ちって事だったわけで、もはや聖地とは言い難いアキバあたりでも、IntelとAMDが色々ソケット出してくるからマザーボード売り場も縮小出来ないけど、ハイエンドっぽいところは、もう怪しいような気がするんです。

エコっていう風に大上段に振りかぶるつもりは、全くといってほど、ないわけで。
省電力というよりも、低発熱だったりするわけだし。当然、静音だったりもするわけで。自ずと省スペースになっていってるって事だけで、あちちにならない程度の大きさと静かさがいいよなぁ、どうせネットと動画観るくらいしかしねぇもんね、っていうアキバへ出向くのが面倒なんで、ネット通販で買っちゃえっていう人(中の人=オレ的)なんだが、実は、そういうローエンド以上ミドルエンド未満の人々が増えてきてるってのもあるんじゃないかと。

間違えないで欲しいのが、常に安さだけを求めているわけではないって事。
少なくとも中の人(=オレ的)は、価格と性能のバランスを考えているつもり。
簡単に翻っちゃうかも知れないけど、今のところ、901は、多分、買わない。
あのデザインと、Atomが載っただけという鈍さでAsus離れって事。マザーといい、ちょっと相性良くないのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。