10インチ以下タブレットでAndroidショックが来てるのかも知れない

10インチ以下タブレットでAndroidショックが来てるのかも知れないShift++β

kindle fire hd 7Google Nexus 7 Wi-Fi Tablet 16GB (Android 4.1 Jelly Bean) - 米国保証 - 並行輸入品
  Fire HD 7 Nexus 7
CPU 1.2GHzデュアル 1.3GHzクアッド
コネクター microHDMI NFC
ストレージ 32GB 16GB
OS Android4.0カスタム Android4.1
重量 394g 340g
価格 32GB/$249 16GB/$249

※解像度など、スペック的に同等なモノ以外の比較

スペック的にもコスパ的にも先行Nexus7の勝ちと独断
強いて言うならKindle日本語版で32GBモデルを¥19,800で出してきたら
同時期にNexus7の32GBモデル発売だとして、若干売りが鈍るかもという程度か

iPad miniのスペック次第なのだけれど、7インチタブレットは、とにかくAndroidが先行。
キャリアの紐付き無しでも小型タブレットは、それなりの性能と価格で売れるという事。
Kindle Fire HD 8.9インチはというと、新iPadシェアを食いそうな勢いではあるけど
これまた、唯一価格がアドバンテージなだけなので、日本においては厳しいかも知れない。

タブレットでも電子書籍リーダー限定だとKobo TouchとKindle PaperWhiteの激突?

端末だけなら後発のKindleの方が分がありそうな気もするのだけれど
とにかく電子書籍マーケットの質と量、マーケットアプリの出来だけじゃないかと

そういう意味でも後発になってしまったのだが、Amazonの方が期待出来る分だけ
楽天Koboの比では無いKindleショックがNexus7ショックの次に来るのかも知れない

Nexus7の32GBモデルリリースっていうのも噂に上がってるし
Nexus5はキャリアからっていう残念な噂もあったりして

Galaxy Noteの後継機?というかNexusブランド使った新形態スマホというので
ニッチを狙ってくるのだろうかと

Nexus7同様にキャリア紐付き無しのWiFiモデルもリリースして欲しいんだが
5か6か7インチってのはiPad10インチのシェアを十分に奪えるだけのラインナップだと思うんだけど
いずれも2万円以内なら試しに買い揃えても良いような気がするし

まぁ6インチはKindle Paperwhiteで確定モードなんだけど
解像度・CPU・バッテリー駆動は7のまま、サイズダウンさせて、ストレージは8GBでいいから
Nexus5、Google直販で¥17800となら、今度こそ直販サイトオープンと同時にポチるぞ、と

10インチ以下タブレットはAndroidっていうのが趨勢っていう予想を元においては
アプリ開発とかもガンガン進められて、Androidも落ち着いてくるんじゃないだろうかと

iOSアプリに比べて、幾らか敷居が低い感じがするし
素人が手を出してもアイディア一発でキラーアプリが作れちゃうような雰囲気があるし
創生期の混沌さ加減がイイ感じという印象

何故かOS Xでも開発出来ちゃったりするところもミソだし
ICS(Android4.0)以上限定ってのでも、十分ダウンロード見込めちゃうし
というか、それがGoogleの狙いだったのかも知れないと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。