龍馬伝 2010年大河ドラマは待ってはいたけど

龍馬伝 2010年大河ドラマは待ってはいたけどShift++β
竜馬がゆく 新装版 全8巻 税込¥619

放映中TVドラマ「CHANGE」などの脚本家によるオリジナルだとか。
岩崎弥太郎視点ってのも…

脚本家はともかく、素直に「」原作でやって欲しいんですけど。

売れっ子脚本家だから、で、面白いかというと、違うんじゃないかと。

「新撰組」は、結局、一度も観なかったし(初回だかをチョロっと観て止めた)
でも花神は全回観たし、利家とまつ、でしたっけ?ほぼ全部見たと思う。
翔ぶが如く、半分くらいまで観てた(明治維新後はしょーもなかったんでパス)
てな具合なんで、原作とは関係ないかも知れないんですけどね、史実を曲げちゃうとか、面白可笑しくしちゃうっていうのは、ヤバいんじゃないかと。

というか、あまりにも司馬遼太郎が作り上げた竜馬のイメージが強すぎるんで、誰が書いても、おかしな竜馬になっちゃうような気がするんで、原作推した方がいいと思うわけです。

岩崎弥太郎視点というのは、確かに面白いとは思うけど。
交差するのって竜馬が脱藩する前後からの筈なんで、第一次江戸修業時代というか、青春まっただ中の竜馬とはカブらないんだけど、どうするんでしょ?
まぁ色々とドラマの手法はあるんで、3回目くらいまで岩崎弥太郎登場せずとかだったら、アリでしょうな。

正直、竜馬のやった仕事というか、維新におけるポジションってのも、怪しいわけで、個人的には、江戸と土佐を行き来していた千葉道場からみが好きなんです。
勝海舟あたりと出会うくらいの、土台作りの時代。
出来上がっちゃって、猪突猛進を始めるようになってからは、もう面白み半分じゃないかと。つまりは艦隊作ってビジネスとかしちゃいたい!と考えるようになってからは、世の中の仕組みを変えてでもやっちゃるぅ!という、ある意味、凡庸な英雄伝になっちゃうんで。

どちらかというと、そこへ行き着くまでの青春記みたいなのが見たいなぁと。
泣き虫の寝小便たれが、一応、ナリだけは大人になっていく様子なんかを掘り下げると、かなり面白いんじゃないかなぁと。
まぁ、大人になっても子供っぽかったというのも、それはそれで見たいんですけどね。

英雄、偉人というより、本当に、そんな風に考えていたんだとしたら、考え方が凄いよなぁと思うわけです。坂本竜馬って。やりたいことがあるのに現体制が邪魔というか、よろしくないんで、潰しちゃった方がいいよなぁ、って考えちゃうところ。
ただの使い走りだったっていう説もあるんですが、パシリだろうが何だろうが、権力の中にいるよりも、ただ船に乗って遠くに行きたい!みたいな。そのための奔走だし!みたいな。
それでいいと思うんですけどね。

岩崎弥太郎は、そこらへんの考え方が、実は竜馬と同じだったっていうのが司馬遼太郎の説ですから、そういった掘り下げ方をしてくれれば、面白そうではありますけどね。
「大人の俳優」さんがどなたかは判りませんけど。
確かに旬な俳優さんだから、とか、アイドル系は避けて欲しいかな、と。

前々から寝る時とかに想像してたんですけど、ね。竜馬役というか、配役。
松田優作さんが亡くなっちゃったんで、これ!という役者さんが思い浮かばなかったんですが、最近だと、時任三郎さんとかがベストかなぁ。無愛想だけど、笑うと人なつっこい笑顔の人って事で。
難しいのが勝海舟、桂小五郎、高杉晋作。あとね、中岡慎太郎も難しいかも。役どころとして、実は、竜馬より難しいんじゃないかと。
武市半平太は東くん(少年隊の方)後半登場の陸奥宗光も難しい。生き残ってる人は、とにかく難しいかも。
千葉さな子は、アイドルでいいです。おりゅう、柴咲コウさんでしょうかね。
あ、乙女も難しい。大柄の、しかし、愛らしい女性ですから。いないかも。

ドラマとしては、岩崎弥太郎役が一番難しいでしょうねぇ。
三菱財閥を起こしたとはいえ、地下浪人だった、ゴリゴリごつごつってイメージの人ですし。
どさくさに紛れて財閥にしちゃったっていう…そういう含みを持たせるかどうかってのも興味深いですけど、多分、ないでしょうね。
すっきりとした役者さんは勘弁して欲しい訳ですが。

ずっと先の話ですけど、結構、楽しみです。
配役から楽しめそう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。